マイナンバー使用して10万円給付 混乱を招く原因となった政府の思惑

******* マイナンバー使用して10万円給付 混乱を招く原因となった政府の思惑 ******* いまをときめく情報通信技術のもう一つの顔「監視」を追及してきたジャーナリスト、小笠原みどりさんによる新連載の第4回。新型コロナ対策として支払われる1人10万円の給付が、政府の推進するマイナンバー(共通番号)によって、返って混乱と遅延を招いているワケを探ります。5月中は毎週金曜日に配信します。 新型コロナウィルスによって打撃を受ける生活への支援のため、政府は10万円の現金支給を決めたが、このオンライン申請にマイナンバー・カードを必須としたため、自治体窓口などで大混乱が起きている。カードを申し込む人々が急増して、 役所で長時間の過密状態がつくり出されただけでなく、電子認証にカードリーダーやアプリも必要で、申請時に暗証番号を5回間違えると手続きができなくなる、1人で複数回の申請ができるといった問題が次々起きている。 そもそも政府はなぜ、人々が一刻も早い助けを必要としている時に、16%しか普及していないマイナンバー・カードを求めたのか。その背景には、政府がしがみつく「国民身分証をみんなが持ち歩く国へ」という夢がある。 コロナ危機をカード普及に利用する本末転倒 マイナンバー制度は2013年に法案が可決され、15年から日本で住民登録している赤ちゃんからお年寄り、外国籍の人々にまで、12桁の番号が振られ始めた。 番号に様々な個人情報をひも付けして民間利用の拡大を図り、「世界最高水準のIT社会の実現」するという位置づけだが、なぜ必要なのか、理由は明確にされなかった。 国家が個人に一元的に付番して情報を集める制度は、日本では歴史的に「国民総背番号制度」と呼ばれてきた。 2002年に始まった住民基本台帳ネットワークが初めての総背番号制といえるが、住基ネットへの世論の反対は強く、政府が望むような民間情報とのひも付けはできなかった(詳しくは次週)。 住基ネットの時も、政府は必要性を説明できないまま、あいまいな「国民の利便性」と「行政の効率化」を叫んでいた。 16年にはICチップ(集積回路)入りのマイナンバー・カードの発行が始まり、 政府は身分証明書として持つ人を増やそうと様々な推進策を図ってきた。が、必要とする人は圧倒的に少なかった。 いら立つ安倍政権は19年、 カードを健康保険証として使えるようにする健康保険法改定案、カードを使った行政手続きを増やす「デジタル・ファースト」法案、 さらに戸籍とマイナンバーをつなげる戸籍法改定案を立て続けに通し、 人々がカードを持たざるをえないように外堀を埋めてきた。23年までに、ほとんどの住民にカードを持たせる、というのが政府の目標だ。 そこへ、コロナ危機。一人一律10万円の支給が決まると、政府は郵送申請とオンライン申請の2通りを設け、オンラインの方が早いと宣伝しつつ、マイナンバー・カードで電子認証しなければならない仕組みにした。 その結果、人々がカードを申し込みに自治体の窓口に殺到。悲鳴をあげた自治体は、郵送申請の方が早いと呼びかけたり、カード申請を停止したりしている。 カードを普及させたいという政府の不純な思惑が「国民の不便性」と「行政の不効率化」をさらけ出したわけだ。 >>> 出典:https://news.livedoor.com/article/detail/18298524/ 続きを読む

都知事選出馬に意欲示す堀江貴文氏 自民党東京都連が支援の可能性も

****** 都知事選出馬に意欲示す堀江貴文氏 自民党東京都連が支援の可能性も ****** 東京都知事選(6月18日告示、7月5日投開票)への立候補に 意欲を示している元ライブドア社長で実業家の堀江貴文氏(47)を巡り、 自民党東京都連の一部が堀江氏の支援に回る可能性が出てきた。  所属議員の1人は22日、「堀江さんが出るならかなりの票を取る」と予測。 “アンチ・ホリエモン”も一定数いるだけに、 慎重な意見もあるが「敵の敵は味方」という反小池陣営は来年7月の都議選に向け、 小池百合子知事の圧勝や不戦敗は避けたいとの思惑がある。  自民党は都知事選で独自候補擁立を断念し、二階俊博幹事長は18日、 小池氏を推薦する方針を示した。 だが、都連内部は一枚岩ではない。 2016年7月の都知事選では推薦した候補者が小池氏に大敗。 17年7月の都議選でも小池氏を支持する都民ファーストの会が55議席を獲得し、 自民は23議席と惨敗を喫した。知名度の高い堀江氏なら、小池氏に対抗できるとの見方がある。  この日、国会内で会見したNHKから国民を守る党の立花孝志党首は堀江氏と4月下旬に会った際、 すでに選挙ポスターを作製していたと明かし「出馬を決めたと確信した」と述べた。 >>> 出典*https://news.livedoor.com/article/detail/18302471/ 続きを読む

5分の遅刻8年繰り返す 職員処分

*** 5分の遅刻8年繰り返す 職員処分 2012年4月から今年3月までの8年間にわたり連日平均約5分の遅刻を 繰り返したとして、 徳島県美馬市は17日、文化会館館長補佐の女性職員(51)を停職2カ月の懲戒処分とした。 市によると、女性職員は年次有給休暇の手続きをせずに、 午前8時半の始業時間に数分から約20分、頻繁に遅刻していた。 時間通りに出勤したのは月2、3日で、8年間の欠勤時間は延べ20日相当という。 <心霊スポットの廃ホテル、肝試しで行ったら…遺体発見>  3月26日に匿名の指摘が市にあり、翌27日に女性職員へ尋ねたところ、 「体調が悪かった」と理由を述べたという。 市が文化会館や消防署などに出勤時間などを記録するタイムカードを4月から導入したところ、1日以降、女性職員は遅刻していないという。  文化会館は館長や女性職員ら計4人が勤務する。 歴代の館長も複数回、指導していたが、遅刻が続いたといい、 市は現館長と前館長の管理監督責任を問い、減給10%(3~1カ月)の懲戒処分とした。 >>> 出典:https://news.livedoor.com/article/detail/18136780/ 続きを読む

朝日記者に首相反撃「御社も…」

************ 朝日記者に首相反撃「御社も…」 安倍晋三首相が17日の記者会見で、朝日新聞の記者から「布マスクの全住所配布で批判を浴びている」と指摘された際、 「御社のネット(通販)でも布マスクを(2枚)3300円で販売しておられたと承知している」と“反撃”する一幕があった。 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、政府が17日に配布を始めた布マスクは「アベノマスク」と皮肉られ、「サイズが小さい」などの不評が多い。 <首相、昭恵氏参拝は「3密じゃない」>訪問は事前把握  首相は布マスク配布について「マスクが手に入らずに困っている方々がたくさんいるという認識のもと、配布することにした。 洗えば何回も使え、 マスク需要の抑制にもつながっていく」と説明。さらに「シンガポールでも全国民に布マスクの配布を行い、パリ市でもそういう決定がなされたと聞いている」と配布の妥当性を強調した。  さらに朝日新聞の質問に対して「御社のネットでも布マスクを3300円で販売しておられたと承知している。つ まり、そのような需要も十分にある中で2枚の配布をさせていただいた」と皮肉った。朝日新聞社が運営する通販サイト「朝日新聞SHOP」は17日現在で「物流に支障が出る恐れがある」として受注停止となっている。 >>> 出典:https://news.livedoor.com/article/detail/18137582/ 続きを読む

吉村大阪府知事「万一感染したら?」の質問に即答

************ 吉村大阪府知事「万一感染したら?」の質問に即答 ************ 大阪府の吉村洋文知事が17日、 ABCテレビ(朝日放送テレビ)の報道・情報番組「キャスト」 (月~金曜、後3・48)に大阪府庁から生出演した。 番組からは「万が一、吉村知事が(新型コロナウイルスに)感染したら、 バックアップ体制は?」と危機管理に関する質問が出た。 吉村氏は「もし僕が感染したら、副知事3人が、 僕に代わって陣頭指揮をするよう、 すでに指示は出しています」と即答。 「副知事と僕は濃厚接触しないように、会議でも、 同じ会議にできるだけ同席しないように、 同じ会議でもできるだけ離れる、っていうのをやってます」 ときっぱりと説明した。 その上で「ただ、新型コロナウイルスに感染しても80%は軽症なので」 と軽症の場合は、大阪府の幹部と連絡をとり、 指示を出せるような心づもりでいることを明かした。 >>>>> 出典:https://gunosy.com/articles/eOC95 続きを読む

安倍晋三首相が着用の「アベノマスク」、布製から不織布に変わる

***** 安倍晋三首相が着用の「アベノマスク」、布製から不織布に変わる ***** 新型コロナウイルスの感染防止のために、国内の全世帯に布マスク2枚を配布することを決定した安倍晋三首相(65)が、4日から不織布マスクを使用するようになった。 先月末からマスクをしたまま国会に出席するようになった安倍氏は、最近までは配布するものと同様の布マスクを使用していた。だが、この日、首相官邸入りする際に着けていたのは、一般的に使用されているのが最も多い不織布マスクだった。 布マスクについては、 不織布のものよりも繊維の隙間が大きく、 大きさ0・1マイクロメートルのウイルスの吸引や飛沫(ひまつ)の排出を防ぐことができないとされる。 それに加えて、 現金支給などを期待する中で期待外れの政策だったことから、 国民からは「税金の無駄遣い」などの批判が噴出。 SNS上では「アベノマスク」とやゆする言葉も生まれ、 その現象が海外でも報じられていた。 これまでは、自ら着用することで、 その“効果”を示していた安倍氏。 だが、不織布マスクを使用するようになったことで、 批判の声が上がる可能性も考えられる。 >>>>> 出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200404-04040188-sph-soci 続きを読む

「この世の終わりのような光景」「孤独に苦しみ死んでいく」NYの医療崩壊は現実に

************ 「この世の終わりのような光景」「孤独に苦しみ死んでいく」NYの医療崩壊は現実に ************ 【ニューヨーク=村山誠】米東部ニューヨーク州で3日、 新型コロナウイルスの感染者が10万人を突破した。 1日1万人単位で感染者が増え、 24時間で500人以上が死亡する危機的な状況だ。「医療崩壊」が現実のものとなりつつある。 ■「本当につらい」  ニューヨーク州のクオモ知事は3日、 州内の感染者が前日より約1万人増えて10万2863人になったと発表した。死者は約560人増の2935人。 入院患者は約1500人増え、1万4810人にもなる。  ニューヨーク市クイーンズ地区の総合病院は、約600の病床を約1000床に増やして急増する患者に対応している。 救急救命室の看護師トリシャ・マヨルガさん(31)は「患者が次々と運ばれてきて、救急救命室や集中治療室(ICU)もいっぱい。 ロビーが治療の優先順位を決めるトリアージの場だ」と実情を明かす。  病院では、持病のない40~50代の中年世代、 20代の若者らも次々に命を落としている。感染を防ぐため、家族らは患者と面会できず、 「彼らは一人で苦しみながら孤独に死んでいく。本当につらい。この世の終わりのような光景だ」と語る。 ■命の選別  ニューヨーク州では、重篤な患者に不可欠な人工呼吸器の不足が目前に迫る。  州内では、人工呼吸器が必要な患者が毎日350人程度増えており、クオモ知事が2日に明かした「6日分の在庫」が尽きるまでは、あと数日だ。 知事は3日、郊外の病院や民間企業などにある未使用器を回収し、再配備するための行政命令を出すと発表した。  マヨルガさんは「人工呼吸器を使う患者を『選別』しなければならない、厳しい局面になってきている」と話す。 >>> 出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200405-00050022-yom-int 続きを読む

なぜコロナ陽性?「森三中」黒沢かずこ きれい好きで有名&衛生管理徹底していたが…

+++++++++++++++++++ なぜコロナ陽性?「森三中」黒沢かずこ きれい好きで有名&衛生管理徹底していたが… +++++++++++++++++++ お笑いトリオ「森三中」の黒沢かずこ(41)が新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと4日、所属事務所の吉本興業が発表した。 先月21日に発熱し、今月3日夜にPCR検査陽性と判定された。 肺炎の症状は治まったが、味覚や嗅覚が感じづらくなっており、自宅で療養している。 吉本興業によると、黒沢は先月21日昼に発熱後、 同日夕方に平熱に戻ったが、医師の指導で2日間自宅療養。 25日に撮影のため稼働したものの、翌26日にプロ野球・阪神の藤浪晋太郎投手(25)の陽性を報じる報道で味覚や嗅覚の異常が新型コロナウイルス感染の症状と知り、以降の仕事は全てキャンセルした。  黒沢はこの間、都内の保健所に連絡し、複数の医療機関を受診。 今月1日に診察を受けた医療機関のCT検査で肺炎と診断され、 最終的にPCR検査を受けたところ、新型コロナ陽性と診断された。  3月以降、海外への渡航歴はなく、感染経路は分かっていない。 現在は自宅療養中で、味覚、嗅覚を感じづらい状況だが熱はなく、 せきも出ないという。 >>> 出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200405-00000105-spnannex-ent 続きを読む

トランプ氏、新型コロナで非常事態宣言

+++++++ トランプ氏、新型コロナで非常事態宣言 +++++++ 「まぁ各国が甘く見た部分も有るのだろうが、メンツ・対外的な評価を第一優先した中国。 そんな中国に忖度して何も動かないWHOの責任だな。 どう世界に謝罪するつもりだろう。 亡くなった方は戻って来ないぞ。」 「いよいよ、国家非常事態宣言を出すまで感染が広まった。 先日のニュースに、 ロバート・オブライエン米国家安保補佐官が3月11日、「中国が武漢で新型肺炎の発病を隠して 世界が対応するべきだった2カ月間の被害をもたらした」と話した。 と記載されていた。 やはり、パンデミックに至った原因の大元は、「武漢ウイルスの発生を政府が隠蔽した」からで間違いないようである。 隠蔽や情報統制せずに、初動対応をもっと早期に実施していたなら、世界の犠牲者は最小限に抑えられた可能性が大きく、残念でならない。」 〜〜〜 ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領は13日、 新型コロナウイルスの流行を受け、国家非常事態を宣言し、 感染拡大の防止に向けて500億ドル(約5兆4000億円)の連邦資金を投入すると表明した。 新型コロナウイルス予防の正しい手の洗い方(出典:WHO)  ホワイトハウス(White House)で発表を行ったトランプ氏は、 「連邦政府の力をすべて解放するため、国家非常事態を正式に宣言する」と表明。 国内の全州に対し、緊急対策本部を設置するよう要請するとともに、 政府は検査の増加に取り組んでいると述べた。 米国では新型コロナウイルスの検査キットが全国規模で不足しているとの批判が出ている。  トランプ氏はまた、コロナウイルス流行の経済的影響を軽減する措置として、戦略石油備蓄(SPR)のための原油を大量購入する意向を表明。 さらに、連邦政府機関が貸し付ける学生ローンの利息を免除する措置も発表した。 >>> 出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200314-00000005-jij_afp-int 続きを読む

無観客の春場所で「#お相撲さんのお弁当」が話題 外出出来ず弁当持参、ほぼ茶色

+++++++ 無観客の春場所で「#お相撲さんのお弁当」が話題 外出出来ず弁当持参、ほぼ茶色 +++++++ 無観客で行われている大相撲春場所 無観客で注目されている大相撲春場所だが、 日本相撲協会の公式ツイッターで紹介している「#お相撲さんのお弁当」が、じわじわ話題を呼んでいる。 新型コロナウイルスの影響で無観客相撲となった今場所だが、 会場入りした後は外出もできないことから、力士は館内の飲食スペースで持参したお弁当を食べている。 そのお弁当を公式ツイッターで紹介しているが、初日は、 高砂部屋の力士のお弁当を紹介。 「大子錦が力士たちのお弁当を作っているそうです」として、朝童子と朝ノ島のお弁当を紹介した。 その後も力士とお弁当の写真をアップしていたが、 5日目にはついに「#お相撲さんのお弁当」タグが登場。 ほぼ茶色という、“質より量”のお弁当が多いが、陸奥部屋のサンドイッチという意外なお弁当や、「追手風部屋の大翔若は、自分で作ったお弁当。 ご飯の断面にこだわった力作です」とお弁当のアピールポイントも紹介。 6日目のお弁当は「かまぼこが白星の形になっています」など、 かわいらしい一面も紹介している。 この「#お相撲さんのお弁当」がじわじわ話題。 「サラメシで是非取り上げてください」 「もはや毎日楽しみにしているタグ」 「インスタのキラキラお弁当よりも、最近ひそかに楽しみにしているタグ」 「お腹がすくけど元気になるハッシュタグ」 「茶色ばかりのお弁当は正義」など注目を集めていた。 出典:https://gunosy.com/articles/RAE6x 続きを読む