5分の遅刻8年繰り返す 職員処分

Share Button

***
5分の遅刻8年繰り返す 職員処分

2012年4月から今年3月までの8年間にわたり連日平均約5分の遅刻を
繰り返したとして、

徳島県美馬市は17日、文化会館館長補佐の女性職員(51)を停職2カ月の懲戒処分とした。

市によると、女性職員は年次有給休暇の手続きをせずに、
午前8時半の始業時間に数分から約20分、頻繁に遅刻していた。

時間通りに出勤したのは月2、3日で、8年間の欠勤時間は延べ20日相当という。


Sponsored Links


<心霊スポットの廃ホテル、肝試しで行ったら…遺体発見>

 3月26日に匿名の指摘が市にあり、翌27日に女性職員へ尋ねたところ、
「体調が悪かった」と理由を述べたという。

市が文化会館や消防署などに出勤時間などを記録するタイムカードを4月から導入したところ、1日以降、女性職員は遅刻していないという。

 文化会館は館長や女性職員ら計4人が勤務する。
歴代の館長も複数回、指導していたが、遅刻が続いたといい、
市は現館長と前館長の管理監督責任を問い、減給10%(3~1カ月)の懲戒処分とした。

>>>


Sponsored Links


出典:https://news.livedoor.com/article/detail/18136780/


この記事を友だちに「シェア」


Bookmark the permalink.