無観客の春場所で「#お相撲さんのお弁当」が話題 外出出来ず弁当持参、ほぼ茶色

Share Button

+++++++
無観客の春場所で「#お相撲さんのお弁当」が話題 外出出来ず弁当持参、ほぼ茶色
+++++++

無観客で行われている大相撲春場所

無観客で注目されている大相撲春場所だが、
日本相撲協会の公式ツイッターで紹介している「#お相撲さんのお弁当」が、じわじわ話題を呼んでいる。

新型コロナウイルスの影響で無観客相撲となった今場所だが、
会場入りした後は外出もできないことから、力士は館内の飲食スペースで持参したお弁当を食べている。

そのお弁当を公式ツイッターで紹介しているが、初日は、
高砂部屋の力士のお弁当を紹介。
「大子錦が力士たちのお弁当を作っているそうです」として、朝童子と朝ノ島のお弁当を紹介した。

その後も力士とお弁当の写真をアップしていたが、
5日目にはついに「#お相撲さんのお弁当」タグが登場。


Sponsored Links


ほぼ茶色という、“質より量”のお弁当が多いが、陸奥部屋のサンドイッチという意外なお弁当や、「追手風部屋の大翔若は、自分で作ったお弁当。

ご飯の断面にこだわった力作です」とお弁当のアピールポイントも紹介。
6日目のお弁当は「かまぼこが白星の形になっています」など、
かわいらしい一面も紹介している。

この「#お相撲さんのお弁当」がじわじわ話題。

「サラメシで是非取り上げてください」
「もはや毎日楽しみにしているタグ」
「インスタのキラキラお弁当よりも、最近ひそかに楽しみにしているタグ」

「お腹がすくけど元気になるハッシュタグ」
「茶色ばかりのお弁当は正義」など注目を集めていた。


Sponsored Links


出典:https://gunosy.com/articles/RAE6x

Bookmark the permalink.