長瀬智也がジャニ退所を決断した本当の理由

Share Button

+++++++
長瀬智也がジャニ退所を決断した本当の理由
+++++++

中居正広の退所発表で世間の混乱が冷めない中、さらに拍車をかける事態が。

「2月27日に発売された『週刊文春』で、TOKIOの長瀬智也さんが来年の春以降に、ジャニーズ事務所を退所する意向を示していると報道されました」(スポーツ紙記者)
これまでも、長瀬が事務所を辞める可能性があることはたびたび報じられていた。

「’18年4月に、元メンバーの山口達也さんが未成年の女性に対する強制わいせつ容疑で書類送検され、翌月にグループを脱退し、事務所も退所。
バンドの要となるベースが抜けたことで、TOKIOは音楽活動ができなくなり、長瀬さんはそうとうストレスを感じていたといいます」(同・スポーツ紙記者)

昨年9月に関ジャニ8の錦戸亮が事務所を辞め、
中居も今年3月で辞めることから、こんな噂も。

「一部のメディアでは、同じ事務所から辞める人が続いたことで、
長瀬さんも“彼らが辞めるなら俺も……”と退所の意思を固めたと報じられていますが、実際は違います。たまりにたまったフラストレーションが爆発したんです。


Sponsored Links


かねてから“状況が変わらないのなら、退所も辞さない”と考えていたそうですからね」(ワイドショー関係者)
木村拓哉のソロ公演とJr.のデビューで

事務所も、日に日に募っていく彼の不満を取り除こうとしていたようだ。

「昨年12月に『女性セブン』で、長瀬さんが音楽仲間の紹介で、東京の渋谷で行われたDJイベントに参加したことが報じられました。事務所としては、“ガス抜き”の意味も込めて許可を出したのでしょう。

それ以降も、音楽をやらせようと模索していたそうです」(レコード会社関係者)
しかし、それは簡単なことではなかった。

本文こちら・・・>>>


Sponsored Links


出典:https://gunosy.com/articles/RWz5x


この記事を友だちに「シェア」


Bookmark the permalink.