沢尻エリカ 賠償金20億円に!ベッキーの4倍で史上最高額か

Share Button

***沢尻エリカ 賠償金20億円に!ベッキーの4倍で史上最高額か

**ネットの声***

「賠償金20億とかそもそも桁違いな話ですが、こんなリスクを負っているにも関わらず、薬物検査を定期的に事務所やテレビ局、広告代理店など、未然に防ぐことをしていないのか?
飲食店でさえ、定期的な検便などの検査をしてるのに。それとあまり変わらないような気がする。」

「でも最強弁護士軍団を雇いavexは過保護状態。
avexの幹部の噂
逮捕される前の情報がマスコミに流れていた事
同じクラブで一週間前に有名人が逮捕されてる事
沢尻が逮捕時からカーテンで隠されてる事。
色々踏まえると誰かを匿う為の生贄で裏取引を感じる。」

「そもそも芸能人を清廉潔白・品行方正だと思うほうが間違いでは?。芸能に生きる人とは一芸に秀でているが、一般人とは違う常識の中で生きている人。周りの取り巻きにちやほやされてるんだから、一般常識が通じない人のほうが多いでしょ。」

***記事内容***

多くの方々を裏切ってしまったことを心の底から後悔しております》

麻薬取締法違反で起訴され12月6日に保釈された女優・沢尻エリカ被告(33)。
所属事務所を通じてコメントを発表したが、
東京湾岸署の裏口から車で出てきて、報道陣の前に姿を現すことはなかった。


Sponsored Links


沢尻被告は来年1月からNHK大河ドラマ『麒麟がくる』に主要キャストの1人として出演予定だった。4社のCMにも出演しており、そのすべてがお蔵入りに……。

「賠償金が5億円や10億円との報道がありますが、大河ドラマの撮り直しやCM降板、
そのほか細かい仕事の補填などの費用がかさんでしまい、社内では20億円まで膨らんでしまったといわれています」(所属事務所関係者)

ベッキー(35)が不倫報道でCMを降板した際の違約金は、芸能界史上最高クラスの約5億円といわれた。沢尻被告は、その4倍!

「大河は10話まで撮影が進んでいましたが、初回から撮り直し。
代役には川口春奈さんを立て、今月3日から急ピッチで撮影していますが、NHKは初回放送を2週間遅らせる大河史上初の変更を余儀なくされました。

ロケができずセットの一部を壊してしまったため、スタジオ撮影で対応していますが、これまで以上にCGを駆使するなど、時間と人件費がかかりすぎています」(NHK関係者)

大河の制作費は通常、1話約6千万~7千万円だという。

続き本文へ***>>>


Sponsored Links


出典:*****


この記事を友だちに「シェア」


Bookmark the permalink.