日本に謝罪求め続ける韓国に疑問 政権代わるごとに約束を無効にする韓国

Share Button

**日本に謝罪求め続ける韓国に疑問 政権代わるごとに約束を無効にする韓国

歴史は勝者が作るといわれ、勝者が正義となる
逆説的には、敗者が悪者になるということでもある。

第二次大戦での敗者の、ドイツ、イタリア、日本は「悪」になった。

この戦争を舞台とした映画(おもにハリウッド映画)の多くで、
長らく悪役にされてきた。
わりと公平に扱われるようになったのは、
近年になってからだ。

「慰安婦、徴用工における韓国反日歴史観のウソを立証した画期的な
「反日種族主義」の日本語版「反日種族主義~日韓危機の根源」が
日本発売されるやベストセラーのトップにおどり出た。

これまで自国を支配してきた歴史観を正面から
否定する挑発的な論であるにも関わらず韓国で13万部という
異例のベストセラーとなり、いまも売れ続けている。


Sponsored Links


著者で執筆グループのリーダー、李栄薫氏(前ソウル大教授)は
韓国の学会で最も政治的な歴史認識戦争に知力を尽くして挑みかかった人物だ。
李氏に韓国人、そして日本人に問いかけたかったことを聞いた。

(中略)

李 私は韓国で韓国古文書学会を創立し、会長をつとめました。
2012年、韓国学事業研究所の古文書調査チームから連絡がありました。

ある日、チームのメンバーが「京畿道坡州(パジュ)の個人博物館を調査するが、
一緒に行きましょう。慰安婦の資料があるらしい」と言うので、
すぐに「私もいくよ」といいました。

で、はじめて朴治根(パクチグン)という人物の日記をみつけました。
1916年から57年まで約40年間の日記帳でした。
朴という人はシンガポールやビルマ(現ミャンマー)で
慰安所を経営していました。」

***>>>


Sponsored Links


出典:*****
https://blogos.com/article/417422/

Bookmark the permalink.