日韓の協力基金創設案 菅義偉氏は「そのような事実はない」と否定

Share Button

**日韓の協力基金創設案 菅義偉氏は「そのような事実はない」と否定

***
徴用工訴訟を巡り、日韓の協力基金創設案が浮上していると一部で報じられた
菅義偉官房長官は29日の閣議後の会見で、そのような事実はないと否定
安倍首相に渡された文在寅大統領の親書についても、「控えたい」と答えた
***

[ソウル/東京 29日 ロイター] – 菅義偉官房長官は29日の閣議後の会見で、
元徴用工問題を巡り、日韓が協力基金を創設する案が浮上しているとの一部報道について、
そのような事実はないと否定した。

安倍晋三首相が24日に韓国の李洛淵首相と会談した際に
渡された文在寅・韓国大統領からの親書に、
今回の報道のような提案があったかとの質問には「親書という性格上
、内容を明らかにしないようにしている。控えたい」と答えた。


Sponsored Links


韓国外務省も、報道は事実と異なると表明。声明で「(韓国)政府は
司法判断を尊重する一方で、

犠牲者と両国の国民が受け入れられる妥当な道筋を見いだす可能性も排除しておらず、
日本の外交当局と引き続きやりとりしている」と説明した。

共同通信は28日、日韓両政府が元徴用工問題を巡り、
事態収拾に向けた合意案の検討に着手したことが分かったと伝えた。

韓国の政府と企業が経済協力名目の基金を創設し、
日本企業も参加する案が浮上しているという。


Sponsored Links


出典:*****
https://news.livedoor.com/article/detail/17301694/


この記事を友だちに「シェア」


Bookmark the permalink.