セクハラ告発女子学生殺害事件、16人に死刑判決 バングラデシュ

Share Button

**セクハラ告発女子学生殺害事件、16人に死刑判決 バングラデシュ

**ネットの声***

「当然の結果でしょ、日本もこれぐらいの判決はすべきにゃ」

「性犯罪者達にとっては被害者は泣き寝入りするのが当たり前
だから声をあげられると逆恨みする
加害者なのに被害者ぶるのも特徴だ
彼らの再犯を防ぐには泣き寝入りしない社会をつくり証拠を目の前につきだすしかない
この校長も捕まらなければ次は別の被害者を襲っただろう」

「厳しい戒律があるはずなのに容易く性も人の命も奪われる
厳しい戒律はモラルの低さから来るのかもしれませんね
目だったからといってこの判決であって目立たなければ処分されないのでしょう
この結果も控訴で覆るのかもしれませんが」

***記事内容***

【AFP=時事】バングラデシュで今年4月、校長からのセクシュアルハラスメント(性的嫌がらせ)を警察に通報した女子学生(19)が火を付けられ死亡した事件をめぐり、裁判所は24日、被告16人に死刑を言い渡した。


Sponsored Links


イスラム神学校に通っていたヌスラット・ジャハン・ラフィ(Nusrat Jahan Rafi)さん(19)は、校長からセクハラを受けたと警察に被害届を出したところ、被告らから訴えを撤回するよう圧力をかけられた。

 これを拒否したラフィさんは灯油をかけられて火を付けられ、全身の80%に大やけどを負って死亡した。

 警察は事件発生当時、襲撃犯らのうちの一人が、校長の指示を受けていたことを認めたと明かしている。

 ラフィさんの死は怒りを招くと同時に、同国でセクハラ被害が急増している実態を浮き彫りにした。

 首都ダッカでは数日にわたり抗議デモが行われ、殺人犯らに「他者にとって戒めとなるような刑罰」を与えるよう要求。シェイク・ハシナ(Sheikh Hasina)首相も、全容疑者の起訴を約束していた。【翻訳編集】 AFPBB News

>>>


Sponsored Links


出典:*****
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191024-00000032-jij_afp-int


この記事を友だちに「シェア」


Bookmark the permalink.