武蔵小杉駅でも大規模な冠水が発生 周辺には大量の泥水

Share Button

**武蔵小杉駅でも大規模な冠水が発生 周辺には大量の泥水

12日、台風19号による大雨などで各地の川が増水・氾濫した
多摩川も二子玉川駅周辺で氾濫し、武蔵小杉駅でも大規模な冠水が発生
翌13日も武蔵小杉駅周辺では、大量の泥水などが残された状態となっている

*****

12日、猛烈に発達した台風19号による大雨やダムの緊急放流などで
各地の川が増水、氾濫した。多摩川も例外ではなく、
東京・世田谷区の二子玉川駅周辺で氾濫。

さらに数km離れた川の対岸である神奈川県川崎市中原区の武蔵小杉駅でも
大規模な冠水が発生。場所によっては水深が1.5メートルに達し、
警察や消防が救命ボートを使って市民の安全確保に奔走する事態に発展した。


Sponsored Links


 川崎市高津区でも多摩川と支流の平瀬川が合流する場所で平瀬川が氾濫し、
近くの住宅街などが浸水。マンションの2階部分まで浸水した場所もあり、

溝口6丁目のマンションでは、
浸水した1階の部屋から住民とみられる60代男性が心肺停止の状態で救助され、
搬送先の病院で死亡が確認された。

一夜明けた13日、
川崎市にある等々力緑地では未だ広範囲での冠水が確認され、
武蔵小杉駅周辺では水は引いたものの、大量の泥水などが残された状態となっている。

多くの被害をもたらした台風19号は13日未明には東北の太平洋側に抜けたが、
東北地方を中心に被害は続いている。


Sponsored Links


出典:*****
https://news.livedoor.com/article/detail/17225473/

Bookmark the permalink.