“引退勧告”貴ノ富士が「処分重い」と反論会見もネット上は賛同の声ほとんどナシ?!

Share Button

*****
“引退勧告”貴ノ富士が「処分重い」と反論会見もネット上は賛同の声ほとんどナシ?!
*****

**ネットの声***
「今までのいきさつから考えると即解雇されてもおかしくない事件だと思う。それを恩情で自主引退の道を残してくれたのに、逆ギレしたという印象がとても強く感じられる。結果はどうなるかはわからないが、たとえまた相撲をとれるようになっても多くのファンは受け入れないと思う。」

「お相撲さんは年齢でなくて番付だよね。横綱や大関はさらに別格だけど全体でみると幕内力士ってだけで相当上だよね。反面責任も重いはず、年齢なんて関係ない幕内力士という高い位の人が起こした悪質な犯罪なんだよ。甘いかもだけど協会の自主退職を求める姿勢で良いと思います。彼が不満ならクビになればいいだけ。」

***内容***

付け人に対する暴行や差別的発言で日本相撲協会から事実上の引退勧告を受けている十両の貴ノ富士(22、千賀ノ浦部屋)が27日、

都内の文科省で記者会見を開き、事実関係は認め、反省、謝罪をした上で引退勧告処分に対して「あまりに重く受け入れられません」と意義を申し立てた。

すでに協会に処分軽減の要望書、スポーツ庁にも上申書を提出しているが「土俵に戻って相撲道に精進したい」と現役続行を訴えた。


Sponsored Links


 会見に同席した弁護士は、協会のガバナンスが機能していないことを問題視。
「15歳で相撲取りになって、22歳の少年から大人になりかかっている関取に、若い人の指導を任せる、その指導体制が問題ではないか。

相撲協会のガバナンスがないまま、本人の処罰だけでは、また(暴力不祥事が)起きる」と、今回の会見を開いた経緯を説明。今後、協会の対応次第では、法的手段に訴える考えがあることも示唆した。

 貴ノ富士が、暴力事件を起こしたのは、これが2度目。
しこ名が「貴公俊」だった昨年の春場所中にも、別の付け人に暴行して出場停止1場所の処分を受けた。

身内の教育ができていなかったとされた当時の師匠である貴乃花・元親方が、貴ノ岩が元横綱の日馬富士から受けた暴行事件に関して内閣府に提出していた告発状を取り下げざるをえなくなり、その後、部屋を解散、貴乃花・元親方が角界を引退する遠因となった。

部屋が解散となったため、貴ノ富士は、千賀ノ浦部屋へ引き取られた。その際、「暴力をふるわない」との誓約書を書いたことを、この日の会見でも認めたが、暴力事件を“再犯”した。

***>>>


Sponsored Links


出典:*****


この記事を友だちに「シェア」


Bookmark the permalink.