「ふざけんじゃねー!」池松壮亮をガチギレ奮起させた、蒼井優の最高すぎる言葉

Share Button

*****
「ふざけんじゃねー!」池松壮亮をガチギレ奮起させた、蒼井優の最高すぎる言葉

**ネットの声***
「歯を抜く、というのは役になりきるということでもあったろうけど、役柄とは関係なくその俳優自身を売り込む自己演出という側面もある。タイミングにもよるが抜いたばかりで顔が腫れていたらかえって不自然になる。
そういう精神主義も気迫とか魅力に繋がるかもしれないが映像技術が発達してくると客観的な意義が薄れてくる。」

「歯を失うって大変なこと。
その後の健康にもかかわるし一時の感情でわざと抜くなんてとんでもない。」

「池松初主演の映画「鉄人28号」での金田正太郎役は子供だったし、どちらかというとヒロイン役の蒼井優のほうが目立っていた。
当時はここまで主役をはる俳優になるとは思ってもみなかった。
他も豪華俳優陣ばかりで贅沢なつくりだったが、鉄人やブラックオックスがCGすぎてリアリティーがなく大ゴケしてしまったが、なかなかの怪作です。」

***内容***

新井英樹の名作漫画を映画化した『宮本から君へ』が公開された。

主人公の宮本浩は、絶えず世の不条理に抗い、周囲との衝突もいとわない熱血サラリーマン。原作をバイブルとして愛読してきた宮本役の池松壮亮は、役づくりのために自らの歯を抜こうとまで思いつめたという。


Sponsored Links


昨年、テレビ東京でドラマ版が放送されて大きな反響を呼んだ同作だが、劇場版の完成に至る道のりは決して平坦なものではなかった。

度重なる延期で公開が危ぶまれるなか、気落ちする池松を奮起させたのは、ヒロインを演じる蒼井優のある「ひとこと」だった。【BuzzFeed Japan / 神庭亮介】

「歯3本、この映画に捧げます」
――主人公の宮本浩を演じるにあたって歯を抜こうとした、というのは本当ですか。

僕は常日頃、俳優をやる上で何か身を削ったり、命を削ったりするつもりはまったくないんですね。

この役のために何キロ増やして、何キロ減らしてみたいなことって、言い方が難しいですけどタイミングが必要なんです。

続き本文へ***>>>


Sponsored Links


本文:*****
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190928-00010000-bfj-ent

Bookmark the permalink.