韓日メディア労組共同宣言「嫌韓報道自制し排他的ナショナリズム助長する報道やめよ」

Share Button

*****
韓日メディア労組共同宣言「嫌韓報道自制し排他的ナショナリズム助長する報道やめよ」
*****

**ネットの声***
「日本の新聞労連と民放労連が、韓国政府の意向に従うとは大問題。
放送法など法令違反がないかどうか、徹底した調査をお願いしたい。」

「単純なフェイクニュースによる、言論統制を放送局側がやろうと野合しただけ。
どんどん報道に、信用性がなくなっていく。
もうあかんやん。
仲良くするためにやめる的なのは。
事実が嫌韓につながるなら、それは仕方ないと許容しないと事実を報道できなくなる。」

「マスコミ報道の影響は決定的に大きい。イデオロギーでなく、真実の事実を報道してほしい。不勉強な報道者による意見など不要。読者、視聴者が事実から判断すること。」

***内容***

言論労組と日MICが共同宣言 安倍糾弾ろうそく文化祭・討論会も
 安倍政権の貿易規制に端を発する韓日対立が社会全般に拡大する中、両国を代表するメディア労働者団体が歪曲報道の中止と平和・人権尊重社会を目指すことを呼びかける共同宣言を採択した。

 韓国の全国言論労働組合(言論労組)と日本マスコミ文化情報労組会議(MIC)は27日、このような内容の「韓日両国のメディア労働者共同宣言」を採択した。


Sponsored Links


MICは、日本新聞労働組合連合(組合員約2万人)、日本民間放送労働組合連合会などの新聞・放送・出版・映画・演劇分野の9つの労組連合体が集まった労組連盟だ。

 両団体は「歴史の事実に背を向ける者に未来は語れない。過去の反省なしには、未来を論じることはできない」とし、「排他的な言説や偏狭なナショナリズムが幅をきかせ、市民のかけがえのない人権や、平和、友好関係が踏みにじられることがあってはならない。

いまこそ、こつこつと積み上げた事実を正しく、自由に報道していくという私たちメディア労働者の本分が問われている」と強調した。両団体は共同宣言で「今後、あらゆる報道で事実を追求するジャーナリズムの本分を守り、平和と人権が尊重される社会を目指す。

平和や人権が踏みにじられた過去の過ちを繰り返すことがないよう、ナショナリズムを助長する報道には加担しない」とした。

 このような共同宣言が出るまでは、両国のメディア団体の地ならしと接触が続いた。言論労組は先月2日、「ジャーナリズムの本領と普遍的な人権価値を守れ」と題する声明を発表し、これに日本新聞労連は今月6日の「嫌韓憎悪」関連報道の中止を求める声明で答えた。

***>>>


Sponsored Links


出典:*****
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190928-00034494-hankyoreh-kr

Bookmark the permalink.