「万引き犯への温情は無用」「こんなヤツには注意する」 万引きGメンに聞く、よくある手口と捕まえ方

Share Button

**********
「万引き犯への温情は無用」「こんなヤツには注意する」
 万引きGメンに聞く、よくある手口と捕まえ方

お店で代金を支払わずに商品を持ち逃げしようとする「万引き」。
警察白書の統計によれば、国内の年間万引き件数は、
発覚したものだけでも毎年10万件を超えるといいます。

こうした万引き犯に対抗するため、客に紛れて店内を巡回し、
犯人を発見して捕まえる仕事を請け負っているのが通称「万引きGメン」(私服警備員)です。

 今回は、「1日に5人捕まえたこともある」
という凄腕の万引きGメンであるAさんに、
よくある万引きの手口から、Gメンに向いている人の特徴、
忘れられないエピソードなどを教えてもらいました。

「万引き犯に温情は無用、容赦しない」というAさんが語る、現場の実情とは?


Sponsored Links


どんなお店でどんな人が万引きするのか?
――万引きGメンってどんな場所で張ることが多いんですか?
やっぱりスーパー?

 スーパーも万引きはそれなりにありますが、
そもそもの単価が低いです。われわれのクライアントさんは
薬局とディスカウントストアが多かったですね。
あとは雑貨店とかゴチャゴチャした本屋。

――万引きする人の傾向ってどんなでしょう。

 まずはホームレス。身なりをごまかしても靴を見れば分かります。
ホームレスは食品を盗ることが多いので、
新人には「取りあえず飲食コーナー見張っとけ」
とはよく指示します。次にティーンエイジャー。
子どもが大きなカバンを持って入店してきたら要注意です。

続き本文へ ***>>>


Sponsored Links


本文:*****

Bookmark the permalink.