福島県知事との会談でカンペをひたすら棒読み…田中復興相に呆れ

Share Button

****>>>>
福島県知事との会談でカンペをひたすら棒読み…田中復興相に呆れ

安倍再改造内閣で復興大臣に就いた田中和徳氏を、鈴木博喜氏が取材している
福島県知事との会談では、官僚が用意したカンペを棒読みする始末だったそう
具体的中身のない言葉の多用に、大臣としての資質を疑うと苦言を呈した

****************
【原発事故と内閣改造】田中大臣で大丈夫?8人目の復興大臣は福島県知事表敬でペーパー棒読み、避難者の住宅問題は小声で「これから…」。小泉環境大臣も歯切れ良いが中身ゼロ
****************

映画では総理大臣が「記憶にございません」と叫ぶが、
新しい復興大臣は「知識がございません」だった─。
内閣改造で復興大臣に就任した田中和徳氏が12日午後、
福島県庁を訪れ、内堀雅雄知事と会談した。

しかし、会見では避難者の住宅問題など具体的な事には一切答えられず、
内堀知事との会談でも官僚のペーパーを棒読みする始末。


Sponsored Links


取材者や県職員からは資質を疑問視する声もあがった。
小泉進次郎環境大臣も福島県庁を訪れ、
ギャラリーが集まるほどだったが、
歯切れの良い言葉の割には中身はゼロ。

中間貯蔵施設からの放射性廃棄物県外搬出については「約束は守る」とだけ繰り返した。

【〝追い出し訴訟議案〟答えられず】
 「そういう事についてはちょっと私も…」

 10分足らずで終了した田中和徳復興大臣の囲み取材。
次の訪問地、宮城県庁に急ぐ大臣に筆者は
「福島県が福島県民を訴えるなんて事が良いと思いますか?」と尋ねた。

****>>>>


Sponsored Links


出典:*****

Bookmark the permalink.