勢い失うセブン-イレブン カリスマ経営者が去り「腑抜け」状態か

Share Button

>>>>
勢い失うセブン-イレブン カリスマ経営者が去り「腑抜け」状態か
>>>>

王者セブン-イレブンの歯車がなぜ狂い始めたのかについて、筆者が分析した
鈴木敏文氏というカリスマ経営者が去ったことで、「腑抜け」になったと指摘
鈴木氏を慕っていたイエスマンたちで、経営を立て直すのは難しいと述べた

****************

最近、セブンイレブンの動向に興味を持っています。
コンビニという業態がどうなるか、ということではなく、
王者セブンイレブンの歯車がなぜ、狂い始めたのか、
その社内に何が起きているのか気になって仕方がないのです。
7月の既存店売り上げは2カ月連続のマイナスで明らかに元気がなくなってきています。
どうしてしまったのでしょうか?


Sponsored Links


セブンを実質的に立ち上げた鈴木敏文氏というカリスマについて
今になってあまり評価しない声が表立ってきた気がします。
実際には鈴木氏がまだ君臨している頃、
日経ビジネスがセブンの経営について特集を組み、強烈な印象を残し、
多くの方に衝撃を与えたかもしれません。
それは鈴木氏を頂点とするイエスマン体制であります。
発売間近だった商品も鈴木氏の一言で
販売中止になったことなどその剛腕ぶりに当時こそ、
「それゆえの王者セブンイレブン」という見方もあったのですが、
今までは我慢していたのに好きなことをいう人が増えているのでしょうか。

カリスマ性をもつ企業に於いてカリスマトップが抜けたらどうなるか、
私の経験からずばり申し上げると大方、腑抜けになります。
つまり、企業としての組織が壊死します。
なぜか、といえば前述のようにイエスマンばかりが育ってしまい、
トップ以外は思考回路が止まるか、
判断を一切しないお膳立て役者ばかりになりやすく、
カリスマが去った後は派閥などで社内が乱れる傾向があるからでしょう。

これについては慎重な考察が必要です。
カリスマ経営者は他者の意見を聞かない上に剛腕で物事を進めていく傾向があります。
その驀進する過程の中で反発分子は振り落とされ、
最終的にはカリスマトップの周りにはイエスマンが残ることになります。
これをもっとも端的に分かりやすくしたのがトランプ大統領でした。
就任後、初めの1年ぐらいキーマンが次々変ったのはまさにこの「振り落とし」の過程にあったと言えます。

>>>


Sponsored Links


出典:https://blogos.com/article/401071/

Bookmark the permalink.