日本の知識人ら輸出規制撤回求め署名運動 9千人超参加=31日に集会も

Share Button

【東京聯合ニュース】
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190827-00000057-yonh-kr


「韓国は『敵』なのか」声明の会ホームページのトップ画面(同団体ホームページより)=(聯合ニュース)

日本の知識人らによる「韓国は『敵』なのか」
声明の会(以下、声明の会)は27日、
日本政府の輸出規制撤回を求めて行っている署名運動の参加者が、
25日までに9000人を超えたと発表した。

同団体は先月25日から署名運動を行っており、
第1次締め切りの今月15日までに8404人の署名を集めた後も、
期間を延長して署名運動を続けている。

署名運動は31日まで行われるが、
この勢いなら参加者数1万人の達成も可能と予想される。

和田春樹・東京大名誉教授をはじめとする日本の学者、
弁護士、メディア関係者、元外交官、市民団体の活動家など78人は、
ホームページ(https://peace3appeal.jimdo.com)を開設して署名運動を行っている。


Sponsored Links


先月25日に発表した声明では「まるで韓国を『敵』のように
扱う措置になっていますが、とんでもない誤りです。
韓国は、自由と民主主義を基調とし、
東アジアの平和と繁栄をともに築いていく大切な隣人です」と強調した。

また「安倍首相は、日本国民と韓国国民の仲を裂き、
両国民を対立反目させるようなことはやめてください」と呼びかけ、
「日本政府が韓国に対する輸出規制をただちに撤回し、
韓国政府との間で、冷静な対話・議論を開始することを求めるものです」とした。

署名運動がメディアなどで報じられると、
サイトのアクセス数は27日昼までに24万2879回を記録し、
3590の応援コメントが寄せられた。

署名した市民の1人は「(日本政府が)内政に行き詰まったので
関心を外に向けさせている」と批判し、
他の参加者は「わが国の過去の過ちを率直に反省し、
その上で対話で理解を深めあって相互の平和発展を希望する」と記した。

安倍政権の韓国に対する相次ぐ経済報復措置は内閣支持率上昇に
つながりもしたが、日本国内では安倍政権の「韓国叩き」に
対して批判の声を上げる人も少なくない。

本文こちら >>>>


Sponsored Links


出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190827-00000057-yonh-kr


この記事を友だちに「シェア」


Bookmark the permalink.