減速する中国の自動車市場「日系車しか売れなくなった」

Share Button

中国では、新車販売台数が2019年7月まで13カ月連続で前年割れとなっている
中国メディアは19日、「日系車しか売れなくなった」と伝える記事を掲載
経済成長率が鈍化し、消費者が質の悪いものを避けるようになったとのこと

****************

減速する中国自動車市場、「車が売れないのではなく、日系車しか売れない」=中国メディア

****************


Sponsored Links


世界最大の自動車市場である中国で異変が起きている。
新車販売台数は2019年7月まで13カ月連続での
前年割れとなっており、失速は鮮明だ。需要の減退を
背景に生産台数も前年割れが続いている。

 中国メディアの今日頭条は19日、中国では自動車市場の失速に対し、
「誰も車を買わなくなった」、「車が売れなくなっている」
などと形容されるようになったと紹介する一方、正確に言えば
「車が売れなくなった」のではなく、「日系車しか売れなくなった」
のだと伝える記事を掲載した。

 記事は、現在の中国自動車市場を正確に形容するならば
「質の高い車しか売れなくなった」という表現になるとし、
2010年ごろから一気に成長してきた中国自動車市場は現在、
大きな転換期を迎えていると指摘。経済が好調だった時は
「車内空間の広さ」、「ハイスペック」といった簡単な訴求でも
車は売れたとしながらも、経済成長率が鈍化したことで
「市場における淘汰の速度が上がり、消費者は慎重になり、
質の悪いものは避けたいと考えるようになった」と強調した。 >>>


Sponsored Links


出典:>>>

Bookmark the permalink.