韓国学者ら、歴史認識で都合の悪いことは無視か 舛添要一氏が指摘

Share Button

韓国学者ら、歴史認識で都合の悪いことは無視か 舛添要一氏が指摘
****************

戦前の在日朝鮮人には選挙権も被選挙権もあったと、舛添要一氏が説明した
日本の研究に携わっている韓国学者ですら、この事実を無視しているという
「過酷な植民地支配」という歴史認識から外れるものを排除していると述べた

>>>>

日韓関係が最悪である。その背景には、
両国間で歴史解釈などについて大きな認識のギャップが
あることを忘れてはならない。

 日本は1910年に大韓帝国を併合し、
1945年の敗戦まで35年間にわたって植民地支配を行った。

植民地にされたほうにとっては屈辱の歴史であり、
様々な差別を受けたことは否定できない。
なぜ、一方が宗主国に、他方が植民地になったのか。


Sponsored Links


(1)幕末の徳川日本が独立を保つことができたのに対して、
なぜ李朝朝鮮(後に大韓帝国)にはそれができなかったのか。

当時の支配層である日本の武士と中国の官僚(マンダリン)や
朝鮮の両班を比較してみると、

武士が武力で国を守ることを考え、
強烈なナショナリズムを持っていたのに対し、
科挙の試験で登用されたマンダリンや両班には、
ナショナリズムが欠如しており、コスモポリタンな教養人、
文化人としての性格が強すぎたようである。

 また、寺子屋教育で世界に冠たる識字率を誇った徳川日本は、
危機に際して、お上の指示を御触書で迅速に民に伝えることができた。

これに対して、支配層と被支配層の識字率に大きな差が
あった中国や朝鮮では、日本ほど国民の動員が上手くいかなかった。


Sponsored Links


本文:https://blogos.com/article/398428/

Bookmark the permalink.