宝くじ当てた男性が語る「当せん前の災難」 クビの2週間後に6億円

Share Button

宝くじ当てた男性が語る「当せん前の災難」 クビの2週間後に6億円

****************

2008年にスポーツくじBIGで、1等6億円を当てた男性
当せんの2週間前、上司とのいさかいをきっかけに会社をクビになったという
当時は理不尽に感じた上司だが、「6億円を当てさせてくれた人」だと語った

****************

福岡県篠栗町の静かな山あいに、ブロンズ製としては、
世界一の大きさといわれる涅槃像で有名な高野山真言宗の別格本山・南蔵院がある。

この寺の住職・林覚乗さんは、
’95年ドリームジャンボで1等・前後賞合わせ1億3,000万円を当てている。

’08年にスポーツくじBIGで1等6億円を当てた唱田土始矢さんが今回、
南蔵院を訪問。当せん総額7億円超えのビッグな対談が実現した。
2人が明かす大当たりの秘訣とは?
対談は巨大な涅槃像の前でスタートした。


Sponsored Links


林「私が当てたのは、ちょうどこの涅槃像が完成する4カ月前。
まさに仏様の前祝いのようなものでした」

唱田「まさに、この涅槃像の御利益ですね」

林「その年の夏に福岡県でユニバーシアード福岡大会があったため、
そのドリームは福岡県内での販売分だけ、
くじ券のデザインがユニバーシアード仕様になっていて。

いつもジャンボは100枚しか買わないんですが、
ユニバーシアード協賛ならと400枚購入したんです」

唱田「なるほど」

>>>>


Sponsored Links


>>>>

Bookmark the permalink.