韓国航空会社が「メンタル崩壊」…日本路線運休で中国目指すも挫折

Share Button

「一度突き放さないとわからない国なのでしょうから、今回こそいい機会。
あくまで冷静に、当たり前の対応を続けていきましょう。」

「日本のおかげで成長を築いてきたのに恩を仇で返すようなことをするから」

「自分で自分の首を締めてどうにもならないようになってから、ロウソク持って集会する。
パターン化されて来たので、新しいネタをお願いします。」

>>>

韓国で日本不買運動が盛り上がっている。
連日「予想外の反発に狼狽している」「日本は悲鳴を上げている」など、
メディアも勇ましい。

確かに売り上げを大きく落としている企業もあり、日系企業の韓国人従業員が、人件費を削減するために「出勤停止」になったとの話もある。


Sponsored Links


同じ韓国人が職を失いつつあることも、今回ばかりは「しょうがない」という受け止めだ。

次々に運航停止となった日本路線
数ある不買運動の中でも、「有力」とされているのが、日
本に行かないキャンペーンだ。

2018年に日本を訪問した韓国人は約754万人と、
訪日外国人の国別ランキングで中国(約838万人)に次ぐ「お得意様」だった。

だが、7月1日に日本政府が韓国向け輸出管理の優遇措置を撤廃すると発表すると、流れが大きく変わる。団体旅行を中心に日本旅行のキャンセルが相次ぎ、韓国の大手航空会社やLCCが日本行きのチャーター便などを次々に運航休止にしたのだ。

運休となった路線は、札幌、富山、静岡、佐賀、大分、熊本、鹿児島など地方都市が中心。自治体からは、貴重な収入源であるインバウンドが減少するとして、憂慮する声が出ている。地方にとって切実な問題だ。

だが、。。。>>>


Sponsored Links


本文:>>>

Bookmark the permalink.