文氏、日本に対話呼び掛け「協力する東アジアつくろう」

Share Button

ネットの声「向いてる方角が違いますよ。
帰国の友好国は南側にはありません。
他をあたってくださいね。」

「もう敵国として日本も軍事的に準備をしないといけないと思います。防衛費も少なくても今の3倍は必要です。日本にある韓国朝鮮の出先工作機関民団、朝鮮総連の解体閉鎖も緊急の問題だと思います。」

「対話の機会は何度もあった
こちらから持ち掛けた
それを蹴ったのはあなた達・・・・」

「日本とは対決するのではなかったんですか?
貴国は北と仲良く繁栄したらいいじゃないですか」


【ソウル=桜井紀雄】日本による朝鮮半島統治からの解放を記念する
「光復節」の韓国政府式典が15日、中部、天安(チョナン)で開かれた。


Sponsored Links


文在寅(ムン・ジェイン)大統領は演説で、
昨年10月のいわゆる徴用工判決以降、関係が悪化した日本に対し
「今でも日本が対話と協力の道に出てくれば、快く手を握る。

公正に交易し、協力する東アジアをともにつくっていくだろう」
と呼び掛けた。

 国際分業体系の重要性を指摘し、
自国が優位な部門を武器にすれば、
平和な自由貿易秩序が壊れるしかなく、
「先に成長した国が後から成長する国のはしごを払いのけてはならない」
と日本政府による輸出管理の厳格化を批判。

「日本の不当な輸出規制に立ち向かい、
われわれは責任ある経済強国への道を一歩一歩進む」と主張した。

詳細本文へ


Sponsored Links


本文:>>>


この記事を友だちに「シェア」


Bookmark the permalink.