高速であおり運転の被害にあった男性 「殺すぞ」と叫び顔殴られる

Share Button

10日に茨城県常磐自動車道で発生したトラブルを車載カメラが捉えていた
白いSUVの運転手にあおられ、無理やり車を止めさせられた男性
SUVの運転手は「殺すぞ」と叫び、停車させると、5発も殴ってきたという

>>>

車載カメラが一部始終を捉えていた。
高速道路であおられたという男性は無理やり車を止めさせられ、
顔を何発も殴られた。

視聴者が投稿した高速道路上のトラブル。
前の車から降りてきた男性が窓越しに運転手の男性を殴りつける。

殴られた痛みに顔を押さえる男性だが、
前の車の男性による殴打はさらに続いて2発目で流血、
計5発も殴る様子が映っていた。

殴られた男性によると、
この前に前の車によるあおり運転があったという。


Sponsored Links


茨城県常磐自動車道。
10日、勤務先に向かう男性を追い抜いていったドイツ製の白いSUV
(スポーツ用多目的車)。

約1分後、再び現れたSUVは道を譲るのかと思いきや衝突寸前のタイミングで割り込もうとする。この後、SUVの運転はエスカレート。

前に割り込んでランプを点滅させる。
避けようと車線変更すると前で蛇行運転。

斜めに止まって車線をふさぐ。
SUVには窓から身を乗り出す人影が。殴られた男性によると、
こう叫んでいたという。

殴られた運転手の男性:
「『降りてこい』『殺すぞ』と叫び、真ん中車線に無理やり停車させられた」

詳細 >>>


Sponsored Links


本文: >>>


この記事を友だちに「シェア」


Bookmark the permalink.