少女像の韓国人作者が反論「日本の報道では正しい意図が伝わらない」 表現の不自由展で物議、街の声は?

Share Button

少女像の韓国人作者が反論「日本の報道では正しい意図が伝わらない」
表現の不自由展で物議、街の声は?

>>>

「歴史的事実に反したことに基づいて、平和の象徴と言われても説得力はない。」

「大使館前に建てるとか、反日の象徴になっていますが。
アートではないでしょう。特定の意図を持って使われていますよね。」

「まぁこの人的には平和の象徴なのかもしれないけど、相手がどう受け取るかを考えないといけないよね。
向こうさんだって、イベントで旭日旗振り回したら燃やすんだろ。
そういう気持ちを考えないと。」

「少なくても昭和天皇の写真を燃やす行為はアートではない」

「大村をはじめ、役所側が、まんまと活動家の戦略にはまってしまったという感じです。反日活動家連中は、こういう状況にする事が目的であって、芸術とか表現の自由なんて関係なかったと思う。」


Sponsored Links


>>>

「あいちトリエンナーレ2019」の企画展
「表現の不自由展・その後」の中止から1週間が経過したが、
未だに波紋が広がっている。

今回批判と抗議が殺到した展示の一つに、
慰安婦をイメージして2011年に制作された「平和の少女像」がある。

11日にAbemaTVで放送された『Abema的ニュースショー』では、
その少女像の作者の一人であるキム・ソギョンさんに取材を申し入れたが
「日本の報道では私たちの正しい意図が伝わっていない」など
と取材に応じられない旨、そして、取材を受けないことを
詫びる気持ちが書かれた手紙が送られてきた。

さらにソギョンさんは「少女像は反日の象徴ではなく、
平和の象徴であることを知らせるために展示会への参加を決意した。

しかし、>>>


Sponsored Links


本文: >>>>>


この記事を友だちに「シェア」


Bookmark the permalink.