米女子フィギュア界でまたスキャンダル…名コーチが性的虐待で訴えられる

Share Button

米女子フィギュア界でまたスキャンダル…
名コーチが性的虐待で訴えられる

>>>>>>

またしても女子フィギュア界で性的虐待問題が表沙汰になり
全米に大きな波紋を呼んでいる。

フィギュアスケートの元女子米国代表だったアダム・シュミット氏(34)が、
長野五輪の金メダリスト、タラ・リピンスキー氏や、

3度の五輪出場を誇る男子のトッド・エルドリッジ氏を育てた
名コーチとして知られるリチャード・キャラハン氏(73)
をサンディエゴの裁判所に提訴した。


複数のメディアの報道によるとシュミット氏は、14歳だった1999年から2001年にかけてミシガン州ロチェスターのオニキス・アイスアリーナでキャラハン氏から繰り返し性的虐待を受けた。


Sponsored Links


その卑劣な行為はデトロイトのスケート場で始まり、ロチェスターのオニキス・アイスアリーナで過激なものとなり氷上だけでなくキャラハン氏のオフィスでも行われたという。

シュミット氏は、同アリーナに対してもキャラハン氏の性的虐待行為を知りながらも放置した罪を問い今回の訴えに含んだ。

またキャラハン氏は、過去にも1999年に元五輪代表コーチのクレイグ・マウリツィ氏から性的虐待行為を受けたことを訴えられていたが、

その時に全米フィギュアスケート協会が、適切な処置を取らなかったため、その後のシュミット氏への性的虐待につながったとして同協会も訴状に加えている。

つづき本文 >>>


Sponsored Links


出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190811-00010000-wordleafs-spo


この記事を友だちに「シェア」


Bookmark the permalink.