鈴木長官、高校野球見直しを要望 過密な試合日程「変わらないと」

Share Button

鈴木長官、高校野球見直しを要望 過密な試合日程「変わらないと」

>>>>>

ネットの声「先日、高校野球の指導者と話をしました。その方は球数制限には反対です。ただ故障させてまで投げさせようとは思っておりません。

ご自分で研究をされ、それゆえに投資の限界に関してはご自分で判断したいというのがその方の考え方です。

この論争を見ていて少し違和感を感じるのは、「燃え尽きていい」と言う過去になされていたとされる言説です。

果たして指導者の大多数がそのように考えていたのでしょうか?私はそうは思いません。


Sponsored Links


時代が移り変わっていっていることはもっともなことですがもっともなことですが、過去の言説を極論に持っていくと言うのはいかがなものかと思います。」

「時代の流れに加え、温暖化による異常な気温の高さもある。
長時間外を歩くだけでも身体に影響が出る猛暑の中、全力で野球を連日するのは異常。
悠長に考えず早急に日程の見直しをすべき。」

>>>>>

スポーツ庁の鈴木大地長官は、高校野球で投手の連投や投げすぎが懸念されている問題で「『高校で燃え尽きてもいい』は時代遅れ。

故障なく精いっぱい戦うことが重要」と述べ、過密な試合日程の見直しを含めた対策の必要性を指摘した。7日に共同通信のインタビューに応じた。

投手の健康管理を重視する風潮が社会に広まりつつある中、「世の中の流れを敏感に察知し、高校野球は変わらなければいけない」と一層の改革も求めた。


Sponsored Links


米国では18歳以下の投手を対象とした「ピッチ・スマート」が2014年に発表され、1日の投球数の上限や適切な登板間隔、年間の休養期間などを勧めている。
出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190808-00000125-kyodonews-base

Bookmark the permalink.