電車内での痴漢に効果的なのは何。安全ピン?ハンコ?いやいや抑止バッジです!

Share Button

どういうこと?
電車内での痴漢に効果的なのは何。安全ピン?ハンコ?いやいや抑止バッジです!

電車内での痴漢被害はどのくらい起きているの?

電車内での痴漢対策を見る前に、
そもそも痴漢被害がどのくらい起きているのかを見てみましょう。

まずは痴漢の発生場所です。
一目瞭然ですが、痴漢の発生場所は「電車」が半数以上です。

そして、電車の次に多い場所が駅構内で、
電車関連で約4分の3も占めています。

強制わいせつ罪の発生場所も、
電車が15%と割合は高いです。


Sponsored Links


このようデータを見てみると、
いかに電車内での痴漢が多いかがわかります。

「痴漢に遭ったら、安全ピンで刺せ」と
いう対策が話題になったのを覚えていますか?

これは、Twitter上のツイートから始まり、
多くの人が反応し、ニュースでも取り上げられるほど様々な論争が起きました。

争点としては、「安全ピンで刺したら、刺した側が傷害罪に問われないか」や、「痴漢にはそのくらい(安全ピンで刺す)のことをしてもいいだろう」など、賛否両論が起こりました。

詳細本文へ >>>


Sponsored Links


本文こちら:https://www.moly.jp/104646/


この記事を友だちに「シェア」


Bookmark the permalink.