日韓民間交流に影 新大久保の店「客来なくなったら…」

Share Button

日韓の外交上の対立が、
民間交流に影を落としている。

日本政府が2日に決めた対韓輸出規制の強化。
日韓の双方から、
関係のさらなる悪化を心配する声が上がっている。

 コリアンタウンが広がる東京・新大久保。

韓国食品店の販売戦略チーム長、
申亨喆(シンヒョンチョル)さん(42)は
「お客さんが来なくなったらどうしよう」と不安を口にする。

 7年前、韓国大統領の竹島上陸で関係が冷え込んだときは、
店の売り上げが3割ほど減った。

まだ影響は出ていないが、
「今後はどうなるかわからない」。


Sponsored Links


 買い物中だった前橋市の高校2年の女子生徒(16)は大学生の姉(21)と2日から、
2泊3日で韓国を旅行する予定だった。

だが、「日本人観光客が暴力を振るわれた」
といった真偽不明の情報がネットに出回り、

親が心配したため取りやめたという。
「周りは韓国のコスメやアイドル好きが多い。

若い世代は政治のことを気にしていない。
仲良くしてもらいたい」

>>>


Sponsored Links


出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190803-00000016-asahi-soci


この記事を友だちに「シェア」


Bookmark the permalink.