強まる「ボイコットジャパン」…消費者は0.01%日本産原材料まで見つけだす=韓国

Share Button

日本政府が第2次経済報復として韓国を
「ホワイト国」から除外したことは、
韓国国内の日本製品不買運動に油を注ぐものとなった。

特にユニクロやアサヒビールなど日本ブランド製品の不買を越えて、
日本産原料・素材などを使用した製品にまで「ボイコットジャパン」が拡散している。

不買運動をすべき日本製品を共有する
「NoNoJapan」サイトに登録された日本製品は先月
18日の60品目から2日には130品目に増えた。

最近はアウトドアのモンベル、化粧品のコスメデコルテ
のような日本製品が追加された。
このサイトでは生活・飲食・家電など品目別に構成された日本商品
と該当製品の代替品を確認することができる。

NoNoJapanはグーグルプレイに公式
アプリケーションとしても登場した。


Sponsored Links


特に国内消費者は日本からの輸入製品だけでなく
日本産原材料が含まれた品目まで不買運動に含めている。
これを受け、日本産原材料を使用する企業は代替材探しに入っている。

CJ第一製糖のレトルト米飯が代表的な例だ。
先月オンラインコミュニティーを中心にレトルト
米飯市場でシェア70%以上の「ヘッバン」
に極少量の日本産糠抽出物が含まれていることが
伝えられた。

CJ第一製糖は直ちに国産化作業に入り、年内に作業を終える計画だ。

つづき 本文へ


Sponsored Links


出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190803-00000008-cnippou-kr


この記事を友だちに「シェア」


Bookmark the permalink.