若手“告発芸人”とは大違い…注目集めるオリラジ中田敦彦の慧眼

Share Button

今回のお家騒動でせきを切ったように飛び出したのが吉本興業のギャラの分配問題だ。岡本社長が会見で平均値で会社と芸人が

「5対5から6対4」で分配していると説明したことで、所属芸人から怒りの告発が噴出。中にはギャラ1円の明細書の画像をツイッターで公開する芸人もいた。

 吉本のブラックぶりは論外だが、宮迫博之と田村亮の号泣会見で潮目が変わり、会社側が弱ったと見るや否やの“告発”を冷ややかに見る向きもある。

吉本所属の大平サブローはラジオ番組で「この状況になった途端、火山が噴出したみたいに。気に入らんかったら辞めろ、おまえら」と

SNSで不満表明の若手を一喝した。


Sponsored Links


いち早く十把一からげの芸人と一線を画したことで、今頃になって評価を高めているのがオリエンタルラジオの中田敦彦(36)だ。

「今回、世間の吉本批判に便乗する形でギャラの文句を言った若手芸人は今後の活躍が期待できない気がします。

弱肉強食の世界を実力でのし上がるべきお笑い芸人が労働組合みたいな主張をし始めたら生き残っていけないでしょう。その点、オリラジの中田は潔かった。

今から2年前に松本人志さんのことを“大御所”と皮肉り、吉本幹部の怒りを買いました。それで地上波のテレビ番組で“干され”ることになりましたが、

筋の通った言動はネット上で注目を集めたことで、彼がプロデュースしたTシャツは飛ぶように売れているそうです」(芸能評論家の佐々木博之氏)>>>


Sponsored Links


本文:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190728-00000008-nkgendai-ent


この記事を友だちに「シェア」


Bookmark the permalink.