米当局者「なぜ我々が日韓の仲裁を…」多国間外交に意味置かぬ米政権

Share Button

悪化する日韓関係に対し、米国は積極的に仲裁をする姿勢を見せていない
両国の要請があるまで介入は難しく、自分たちで解決するだろうと米当局者
米政権は「多国間外交」を好まず、日韓関係に関心がないと筆者は指摘した

*****

米当局者「なぜ我々が
韓日の仲裁をしなければならないのか」

*****

「助けを要請されるまでは難しい…
両国が自分たちで問題解決すべき」

同盟に大きな意味を置かないトランプ外交、
過去の政権と違い介入に消極的

「韓国と日本が助けを要請してくる前に、
米国が両国の確執解決に乗り出すのは難しいだろう」


Sponsored Links


日本が韓国の半導体・ディスプレイ中核材料の輸出規制を
予告した直後の2日に会ったトランプ政権のある高官は、
「2015年の韓日慰安婦合意をはじめ、
悪化した韓日関係を米国が解決するために水面下で役割を担うのは、

韓日両国が米国に助力してほしいと要請してきたからだった。
今はそのころとは違う。
今回の確執は韓国と日本が自分たちで解決していくだろう」と言った。

日本が韓国に対する輸出規制を予告した1日、
米国務省が韓日確執について見せた公の反応は

「米国は韓日との3国間協力をさらに強化することに専念している」
というものだった。だが、

この高官が告白したトランプ政権の本音は
「韓日が望んでもいないのに、
米国があえて乗り出す必要があるだろうか」

というものだった。

韓日関係が悪化しているのにもかかわらず…つづき


Sponsored Links


本文

Bookmark the permalink.