「日本製品の不買運動を!」SNSで呼びかけ、抗議デモも 韓国国民の本音は

Share Button

韓国での日本製品不買デモ韓国での日本製品不買デモ

7月5日、韓国・ソウルで一部の小売業者による抗議デモが行われ、参加者が「日本製品を不買!」と声を上げた。

参加者が一斉に踏みつぶした段ボールには、名だたる日本企業のロゴが描かれている。

デモの現場にいた韓国マート協会のホン・チュンホ理事は「韓国企業ならば大企業も日本製品販売中止に参加すべき」と語った。

デモ前日の4日、日本政府は韓国向け半導体の材料などの輸出について管理を強化する措置を発動した。

これにより韓国の輸出全体のおよそ4割に影響がおよぶ可能性があるとの指摘もあり、韓国側が反発。

日本製品への不買運動に発展したのだ。


Sponsored Links


日本製品不買運動の対象企業とは
今回の不買運動の特徴は、個人がSNSを通じて「皆さんも日本不買運動に一緒に参加しましょう!」などと呼び掛けている点だ。

日本企業の商品が対象になっているのか?

デモ団体が作成した横断幕を見ると、トヨタ・ホンダ・レクサスなど自動車の他、ソニー・キヤノン・ニコン、任天堂・ロッテ・アシックス・JT、化粧品ブランドのSK-2やユニクロ、ビールなどの飲料メーカーの商品も挙げられている。

日本ビールを撤去したスーパー
ソウルにあるスーパーでは、数日前はアサヒビール・サッポロビールが置いていたが現在は撤去している。

店の人は「全部卸業者に返品した」と話すが、店外には日本の商品が山積みになっていた。

理由を店主に聞くと「状況を見て販売再開しようかと、暫定的に残している。ブランド力があり、一定の売り上げがあるので。」と話した。

別のスーパーでは…


Sponsored Links


つづき本文

Bookmark the permalink.