羽生結弦、記者会見はしごで“金語録”連発 プライベートもムチャぶりも“神回答”

Share Button

平昌五輪フィギュアスケート男子で66年ぶり連覇を達成した羽生結弦(23)=ANA=が27日、東京・千代田区内の日本外国特派員協会、日本記者クラブの記者会見にはしご出席し“金語録”を連発した。

人類初の5回転ジャンプへの挑戦やフィギュア芸術論を熱弁し、外国人記者のムチャぶり質問にも“神回答”。

五輪で話題になった「森に帰ったプーさん」発言の真意など自身にまつわるあれこれを大いに語った。

■将来は5回転に挑戦

 「科学的な研究から5回転までは人間の能力でできると言われてます。5回転半は無理かもしれないけど、ちょっと挑戦してみたい気はあります」


Sponsored Links


 ■右足首のけが

 「スケートができない間だからこそ机、パソコンに向かっていろんなことを学べた。治りが遅くてすごく焦ることも多かったけど、けがについて調べたり、感覚や痛みと向き合いながら、どのようにすればけがを早く治せるかを勉強していた。

けがをまたしないようにトレーニングの方法やピークのつくり方、試合に向かう時のメンタルの仕方を勉強した。

はっきり言って、痛い時から比べて20%、30%ほどしか痛みは落ちていない。20~30%の痛みに落としてくれたトレーナーに感謝」

詳細本文へ


Sponsored Links


本文こちら

Bookmark the permalink.