反日の中国人が6日間の日本旅行をした結果「民度の高さに感化された」

Share Button

日本行きを拒否した両親がたった6日間で日本大好きに!―中国ネット

2017年9月30日、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)に投稿された「日本行きを拒否した両親がたった6日間で日本大好きに」という訪日体験記に、中国のネットユーザーが反応を示している。

この文章を書いたのは妊娠6カ月の女性で、出産後は当分旅行に行けそうもないという考えからこのタイミングで日本旅行に出発することを決めたようだ。

女性の両親はお腹の大きい娘の身を案じて「一緒に行く」と言ったものの、日本人が嫌いとの理由で旅行先を変えるよう提案。

出発前には周囲の人からも反対の声が上がったというが、女性は「日本から帰国してかなり時間がたつが、日本に対するさまざまな印象は今もはっきりと記憶に残っている」と地下鉄や商業施設のフードコート、トイレなどを利用した時の感想を細かくつづっている。

まず、地下鉄については「東京の地下鉄は約90年前に建設された古いもの。しかし赤ちゃんを連れたお母さん向けのトイレが出口の近くにあった。


Sponsored Links


なんて親切な設計なんだろう」とし、間違って押した非常ボタンにすぐさま係員が駆け付けてくれたことを紹介。

これに安心感を抱いたという。また、改札口が開いた状態であることも「利用者が通りやすいように開かれている。

交通カードをかざさなくても入場ができるが、タダ乗りしようとする乗客を目にすることはなかった」と説明し、構内にさまざまなフリーペーパーが置かれていることを「行政が文化の普及を重視していることの表れ」と評価。

さらに商業施設のフードコートで目にした利用者が自分で使用済みの食器を返却する光景や、無料で飲用水が提供されていること、子ども連れのための専用スペースが設けられていることも取り上げている。

つづき・・


Sponsored Links


本文へ


この記事を友だちに「シェア」


Bookmark the permalink.