長崎の軍艦島に韓国人客が急増 横断幕を掲げるなどのトラブルも

Share Button

軍艦島、韓国人客急増で横断幕掲げる等のトラブル発生

日本軍に強制徴用された朝鮮人炭鉱夫の悲劇を描く映画『軍艦島』が、今年7月、韓国で封切られた。

観客動員数は公開からわずか10日で600万人を突破した。映画の内容は荒唐無稽の一言に尽きる。

──戦争末期の1945年3月、
海底炭鉱で栄える長崎県の端島(はしま、通称・軍艦島)に、日本軍によって強制徴用された朝鮮人が次々と連行されてきた。

炭鉱に送られた男たちは劣悪な環境下で日々、
死と隣り合わせの過酷な採炭作業に従事する。


Sponsored Links


 ミスをすれば凄惨な暴行を受け、島から脱出を試みた者は容赦なく殺害された。やがて坑内で大事故が発生し、多くの朝鮮人が命を落とす。

彼らの死亡保険金は炭鉱会社が受け取る仕組みになっていた。
一命を取りとめた朝鮮人の暴動を恐れた炭鉱会社幹部は、坑道を塞ぎ生存者を殺害。

遺体は島の一角に無造作に積まれ焼かれた。

つづき・・・こちら


Sponsored Links


本文


この記事を友だちに「シェア」


Bookmark the permalink.