ボルト棄権の原因は「寒すぎる招集所」 同僚が主催者に怒り「彼は冷え切っていた」

Share Button

400mリレー左太もも裏故障…レース前に寒すぎる招集場で40分待機、ボルト「これはクレイジーだ」

 陸上の世界選手権(ロンドン)は12日(日本時間13日)、
男子400メートルリレー決勝が行われ、

今大会を最後に現役引退を表明しているウサイン・ボルトがジャマイカのアンカーを務めたが、

レース中に左太もも裏を痛め、まさかの途中棄権。

エースの悲劇で5連覇を絶たれたジャマイカのチームメートはレース前、寒い招集所で選手を40分間待機させた主催者側に激怒している。

地元紙「ガーディアン」が報じた。


Sponsored Links


誰も想像できない結末だった。ジャマイカの最終走者となったボルトはバトンを受けると、力強いストライドでコーナーを回り、直線に差し掛かった瞬間、異変が起きた。足を引きずりながら失速。

苦悶の表情を浮かべると、コースに倒れ込んだ。無念の途中棄権で、ボルトのラストランは終わった。

 王国ジャマイカの5連覇の夢は潰えた。コース上でうずくまるボルトに同僚が歩み寄った。

記事によるとレース後、ボルトに栄光のバトンを渡したはずだった第3走ヨアン・ブレイクはレース後に怒りを明かしたという。

つづき・・


Sponsored Links


本文
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170813-00010002-theanswer-spo

Bookmark the permalink.