辞任と不倫で揺れた永田町 今週の珍言・妄言を振り返る

Share Button

辞任と不倫で揺れた永田町 今週の珍言・妄言を振り返る
***

蓮舫 民進党代表

「一議員に戻ります。足りないところをしっかり補います。努力して、もっと学んで、もっと強くなる。もう一回、ゼロに戻って、私自身も再スタートする」
産経ニュース 7月27日

名言、珍言、問題発言で1週間を振り返る。27日は“ダブル辞任”で日本中が揺れた。まずは民進党の蓮舫代表だ。

同日昼に辞意が報じられ、午後に行われた記者会見で正式に辞任を表明した。
昨年9月に代表に就任してからわずか10カ月の唐突な辞任劇だった。
民進党は野田佳彦幹事長も25日に辞意を表明している。


Sponsored Links


記者会見では、東京都議選での惨敗などを踏まえた上で「いったん身を引き、より強い受け皿になる党を新執行部に率いてもらうのが最善の策だ」などと辞任の理由を語った。

また、党勢が低迷したことについては「統率する力が私には不足していた」と語っている(産経ニュース 7月27日)。

「二重国籍」問題の影響については「全く別次元の問題だ」と否定したが、歯切れの悪い回答による党勢への影響は少なからずあったと思う(朝日新聞デジタル 7月27日)。

「残念だ。蓮舫氏でいてくれたほうが人気が上がらないのに」


Sponsored Links


つづき・・
https://gunosy.com/articles/aALmZ?s=s

Bookmark the permalink.