ベッキーさん、ムリヤリねじ込んだ約10の雑誌に表紙で登場

Share Button

ベッキーさん、ムリヤリねじ込んだ約10の雑誌に表紙で登場
****

タレントのベッキー(33)が芸能活動再開後、初となる雑誌の表紙を飾った。14日発売の「フリーズマート2017 SS BOOK」(小学館)をはじめ、22日発売「NAIL MAX」(カエルム)、そして5月8日には「SHEL’TTER」(バロックジャパン)と、いずれもファッション系。今後の方向性を物語るようだ。

ベッキーの「これから」が見えた 芸能活動再開後の進路はこれだ
「NAIL MAX」(カエルム)6月号の表紙
ファッション誌にベッキーがいっぱい
「活動再開後のベッキーですが、そのファッションセンスが注目され、さまざまなファッション系の媒体が注目しているようです。今年に入って、表紙ではありませんが、数々の雑誌に取り上げられています」と語るのは週刊誌記者。

実際、調べてみると「with」2月号(講談社)、「GINZA」2月号(マガジンハウス)、「美人百花」2月号(角川春樹事務所)、「Numero TOKYO」3月号(扶桑社)、「ar」3月号(主婦と生活社)、「sweet」4月号(宝島社)と、そうそうたるファッションメディアの名がズラリ。そして今月に入ってからは表紙も、となると、これは偶然では片付けられない。明らかに戦略的な展開といえるのではないか。

 「もともとベッキーのファッション性に対する評価は高いものがあった。おしゃれな女子のあこがれのファッションアイコンでもあったわけです。今後も掲載予定のファッション誌が複数控えている状況で、今後の活動の一つの軸になっていくのでは」と分析するのは、ベテランの芸能ライター。

 ファッションをベースに、果たしてどんな展開をしていくのか。自身の公式ブログ25日の更新で、各ファッション誌の表紙に続々登場していることにふれ、

 「ここ最近、ファッションのお仕事だったり、カバーを担当させてもらったり……ほんとうに、うれしいです」と喜びをつづったベッキー。


Sponsored Links


 「あともうひとつ、近々おnewなお知らせもさせて頂きます!」とのことだが、今後の展開に期待したい。

〜ネット〜

しつこく押し売りをして嫌がられると 「いじめ被害者」になりすますような おぞましい事務所だからな・・。  年数億の甘い汁が忘れられないらしい

ファッションセンスに「誰が」とかは関係ないと思うんだが、わざわざ名前アピる必要性は何なのん?

表紙に使ったら売れないってわかってるじゃねーか
でまたウェディングドレスのプロデュースをさせると
嫉妬すんなよw

好感度が売りだったのに実際はどうしようもないゲス野郎だったってバレたのに何で同じ様な売り方するんだろうな。絶対無理やろ、そんなの。


Sponsored Links


反省の色皆無
CMでもたまに見るけど不快感しかない

Bookmark the permalink.