浅田真央 最後まで「頑固」だった氷上のアイドル

Share Button

浅田真央 最後まで「頑固」だった氷上のアイドル
******

フィギュアスケート女子の10年バンクーバー五輪銀メダリストの浅田真央(26=中京大)が10日、自身のブログで現役引退を表明した。

14年ソチ五輪シーズン後に1年間の休養。18年平昌五輪を目指し、15年10月に復帰したが、今季は左膝のけがもあり、不調に苦しんだ。昨年末の日本選手権では、今季初めて最大の武器であるトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)に2度挑んだが、失敗。

その後「気力もなくなりました」と説明した。関係者によると明日12日にも都内で記者会見を開く見通しだ。

浅田はとても頑固だ。柔らかい物腰、純真さを感じさせるその言動、華麗な演技からは一見すると想像は難しい。だが、取材を開始した12年世界選手権(ニース)を思い出すたびに、ある一言がその裏付けをしてくれる。


Sponsored Links


当時はどん底だった。11年末に最愛の母を亡くし、自信を取り戻していたジャンプも成長の確信を失った。ニース入り後、公式練習からトリプルアクセル跳び続けたが、フリー演技まで56回連続で失敗。結果は6位。記者としては、そこまでの固執はかたくなすぎて迷いを感じさせた。

翌日、帰国するニース国際空港。早朝6時、空港に姿を見せた浅田に「お疲れさまです」と声をかけた。予期されたのは、顔を曇らせるか、少なくとも好意的な態度ではなかった。だが、返ってきたのは、「朝からお仕事大変ですね」の声。

それは嫌みも一切なく、前日までの悲壮感もまとっていなかった。このギャップがその後もずっと取材し続ける中で、引っかかり続けていた。

続き「本文」


Sponsored Links


http://www.nikkansports.com/sports/news/1805817-2.html

Bookmark the permalink.