【ひき逃げ】ノンスタ井上、電撃復帰した結果

Share Button

【ひき逃げ】ノンスタ井上、電撃復帰した結果

++++++++++

昨年12月に道交法違反(ひき逃げ)と自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで書類送検され、不起訴処分後も謹慎していたお笑いコンビ「NON STYLE(ノンスタイル)」の井上裕介(37)が30日、相方の石田明(37)が出演した東京・新宿の「ルミネtheよしもと」で舞台に電撃復帰した。

午後9時51分、舞台終盤に突然、スクリーンに「NON STYLE漫才」の文字が浮かび上がった。ざわつく会場。すると、井上が珍しい黒ネクタイに黒スーツ姿で現れた。12月11日の事故の後、黒スーツ姿で1人で舞台に立ってきた石田は白シャツ、白ズボンの普段の姿に戻り、事故当日の大宮の劇場以来、109日ぶりにコンビが復活。サプライズに約400人のファンから割れんばかりの大歓声がわき上がった。

石田に「なんか久しぶりやな」と言われ、井上は「久しぶりやな」と懐かしそうに会場を見渡した。「なんか、あったん?」と事もなげに聞く石田に、井上は「すごい、あったやんか! お前の方が知っとるやろ」と突っ込んだ。

客席に向かって「本当にすみませんでした。これから頑張っていきますんでよろしくお願いします」と頭を下げると、温かい拍手が2人を包んだ。

9分間の漫才で、石田は容赦なく「突っ込む」「ぶつける」といった事故を想起させる言葉で相方をイジり倒し、爆笑をさらった。

「オレ、やりたいことあんねん」という井上に「なに? 免許の再発行?」と石田。「すごい言うやん!」と言い返す井上に「そら、そうや! 大体お前は突っ込むこと自体、不謹慎やねんぞ!」。さらに「今日は突っ込み禁止や! ツッコみたかったら謝れ!」と理不尽な要求。


Sponsored Links


「ポジティブキャラもナルシストキャラもこれからは無理だから、パクリの一発ギャグキャラをやれ」とまくしたてられ、なす術なく謝りっぱなしの井上に、会場は大盛り上がりだった。

舞台終了後、あいさつに再び登場した井上に客席から「おかえり」の声。会場から漏れるすすり泣きに、井上も堪え切れずに涙した。石田は終始、感傷的な様子をおくびにも出さず「昨日、リハーサルやってん。

2人で久しぶりに漫才やって、『どうも、ありがとうございました~』ってふと横見たら(井上が)号泣してんねん」と、井上の恥ずかしい姿を暴露。復帰は4日ほど前に決まったそうで、後輩芸人によると、石田もリハーサルではいつになく緊張していたという。

井上は最後に、改めて「いろんな方にご迷惑をおかけしてしまった。ひとつひとつお返ししていけるよう頑張っていきますので、よろしくお願いします」と深々と一礼した。

関係者によると、4月2日に京都の舞台で本格復帰。テレビ、ラジオのレギュラー番組についても、4月以降に順次出演していく。

・復帰したノンスタイルの井上裕介は終演後のあいさつで涙を見せた(左は石田明)


Sponsored Links


-http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170331-OHT1T50010.html


この記事を友だちに「シェア」


Bookmark the permalink.