マイナンバー取り扱いミスから重大事態発生だそうですが

Share Button

マイナンバー取り扱いミスから重大事態発生だそうですが

*****

山本一郎です。自治体をはじめとした各種団体や事業者にとってマイナンバーの取り扱いが色々とセンシティブで厄介な課題となっている昨今ですが、ミスとはいえ一度に2000人近い規模でマイナンバーが流出してしまうという「重大な事態」が起きてしまったようです。

マイナンバー 1992人分流出 制度開始以来最大規模(毎日新聞 17/2/17)


一度に大量のマイナンバーが本人以外の第三者に漏えいしたのは、2015年10月のマイナンバー制度開始以来最大規模で、マイナンバー法で定められた「重大な事態」に当たるという。


Sponsored Links



ミスがあったのは、確定申告せずに寄付金控除が受けられる「ワンストップ特例制度」を利用した寄付者を市区町ごとに取りまとめた通知書。
(中略)
送付先の市町から「マイナンバーが寄付者のものと違う」と指摘が相次いだことで判明。再点検した結果、1992人分のミスが判明した。
(中略)
ふるさと納税担当の市財政課職員が通知書を作った際、表計算ソフトの操作を誤ったという。市区町別にデータを仕分ける時に氏名欄とマイナンバー欄がずれ、別人のナンバーが印刷された。

事態の詳細については、湖西市が報道向けに発表した資料(PDF書類)に詳しいですが、全部で5853人分ものデータを「表計算ソフト」で管理していたようです。表計算ソフトというのは、おそらくはExcelあたりなんだと思われますが、それで6000人近くのデータをソートしたりしていたということのようですから、これはミスが起きても仕方ないといいますか、担当者も大変だったのではないでしょうか。ある意味で起こるべくして起きた事故という感もあります。地方自治体はどこも皆こんな感じで莫大な数のマイナンバーデータを処理していたりするのかもしれませんが、もしもそうだとすると、同じようなミスがまたどこかですぐに起きても不思議ではないです。

続き「本文」


Sponsored Links


http://bylines.news.yahoo.co.jp/yamamotoichiro/20170220-00067902/


この記事を友だちに「シェア」


Bookmark the permalink.