和田アキ子がデビュー時の給料を告白「どんだけ辛かったか!」

Share Button

和田アキ子がデビュー時の給料を告白「どんだけ辛かったか!」

*********

19日放送の「アッコにおまかせ!」(TBS系)で、和田アキ子が、デビュー時の給料を告白した。

番組では、宗教法人「幸福の科学」に出家した女優・清水富美加の告白本「全部、言っちゃうね。」(幸福の科学出版)を取り上げた。同書の中で、清水は2014年途中までは月給が5万円だったと告白。加えて、2016年の時点で、年収1000万を手にしたとも綴っているという。

すると和田は、清水が22歳の若さで高額年収を貰っていたことに「普通のOLではいないですよ!」「すごいじゃないですか!」と声を張り上げる。そして、自身のデビュー時の給料が3万円だったと明かしたのだ。

続けて、和田は恨みがましく「1万8000円、下宿代で引かれたんだよ?」「どんだけ辛かったか、ホンマに!」と吠えたのだった。

〜ネットの反応〜


Sponsored Links


物価が違う

ここで突っ込むべきは下宿代の異常な高さだな
当時の3万円なら今の価値で15~20万円だろう
そう考えるとこの下宿代・・・
飯が出てたにしても高すぎるな

多分飯は無い
木曜のBS朝日でやってたホリプロ史の番組でも給料3万の話はしてたが
大食いで無料になる寿司屋を出禁になったとも言っていたから

さすがに朝くらいは出るんじゃないか?
今みたいにコンビニで買物出来る時代じゃないし


Sponsored Links


-http://news.livedoor.com/article/detail/12693958/


この記事を友だちに「シェア」


Bookmark the permalink.