客を乗せたタクシー「行き先を間違えたので正しい場所に向かう」⇨行方不明に!

鹿児島市で7日昼すぎ、タクシーが高齢者の女性を乗せたあと丸1日以上連絡がつかなくなっていて、警察が行方を捜しています。

行方が分からなくなっているのは、タクシーの運転手で鹿児島市紫原の丸山勝男さん(71)と、乗客で鹿児島市皇徳寺台の老人ホームに入所している花岡トミ子さん(93)の2人
です。

警察によりますと、花岡さんは8日午後1時ごろ、鹿児島市内の息子の自宅からおよそ5キロ離れた老人ホームに戻るため、丸山さんが運転するタクシーに乗ったということですが、
その後ホームに到着せず、丸1日以上連絡がつかないということです。

運転手の丸山さんからは、花岡さんを乗せたおよそ40分後に「行き先を間違えたので正しい場所に向かう」と無線で会社に連絡があったということですが、その後無線がつながらな
くなり、タクシーも見つかっていないということです。

タクシーにGPS機能はついておらず、2人とも携帯電話は持っていなかったということです。
タクシーの車体は上半分が青、下半分が白で、会社名の「池田」の文字が書かれているほか、ナンバーは鹿児島500「あ」の2031だということです。

警察は、最後に連絡があった場所から老人ホームまでの道のりを中心に行方を捜すとともに、情報提供を呼びかけています。

taxi2

-http://www3.nhk.or.jp/lnews/kagoshima/5055861851.html


この記事を友だちに「シェア」


Bookmark the permalink.