【超論理】韓国「今回の日本の措置は、韓国の混乱に乗じ友好国を攻撃しようとする卑劣なもの」

韓国の混乱に乗じて日本と中国が外交圧力

年頭から韓国外交は、中国・日本から同時に圧力をかけられる難局に陥った。

韓国のリーダーシップが空白状態となっていることに乗じた中・日は、それぞれ経済と金融を武器に「高高度防衛ミサイル(THAAD)」「少女像」問題で自らの意向に沿うよう強要してきている。しかし韓国政府は、大統領の職務停止で文字通りお手上げ状態になっており、国政に責任を負うべき国会の多数派たる野党は、収拾策を探すよりも、政権攻撃にばかり多数派の力を活用している。

日本政府は6日、長嶺安政・駐韓日本大使と森本康敬・釜山総領事を一時帰国させることにしたのに続き、高官級の経済協議や韓日通貨スワップ交渉を中断すると発表した。釜山の日本領事館前に慰安婦少女像設置されたことに抗議するための措置だ。

中・日がこうした強い手を取ってきたのは、大統領弾劾という事態で韓国の国政が事実上マヒし、政界は四分五裂しているという点を積極的に利用する狙いがあるからだと分析されている。

abe

-http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/01/07/2017010700381.html


この記事を友だちに「シェア」


Bookmark the permalink.