SMAP「100%ない」と言われてきたNHK紅白に一転、出場へ

Share Button

解散が目前に迫る中、SMAPの木村拓哉と草なぎ剛は1月から放送が始まるドラマの撮影で忙しい毎日を送っている。かねてから注目されていた大晦日の動向だが、なんとここにきてSMAPの紅白出場が濃厚になったという。

「12月7日にNHKからタモリさんがゲストとして出演するという発表がありました。これで状況が大きく変わりましたね。頑なに司会のオファーを断っていたタモリさんが紅白に出るというのはよほどのこと。SMAP出場に関係があるという話なんです」(NHK関係者)

幾度となく“SMAPメンバーが出演を嫌がっている”と報道されてきたが、実際は違ったらしい。

「秋ごろから交渉をスタートさせて、1度は出場が決まりかかったと聞いています。ただ、結局のところは流れてしまったようですが……。原因はメンバー間の意思疎通ができなかったという話ですけどね」(前出・NHK関係者)

わだかまりはあるものの恩のあるタモリから説得され考え直したということなのか。


Sponsored Links


「ファンが解散撤回の署名を集めたり応援広告を出したりしているのはメンバーも知っています。“SMAPはファンがあってのSMAP。最後はファンに向けて、ちゃんとお別れを言おう。すべてはファンのために”ということで最終的に意見が一致したそうです」(芸能プロ関係者)

紅白に出場はするものの、ステージで生の姿を見せるわけではなく、中継で歌を歌うのだという。

「SMAPは紅白出場を“クリスマスプレゼント”としてもうすぐ発表するようです。NHKの希望としては3曲を歌って、最後が『世界にひとつだけの花』という構想もありました。最悪でもコメントだけの出演を目指していましたが、ここにきて道が開けた形になりました」(前出・NHK関係者)

紅白で花道を飾り、年が明ければソロ活動が始まる。

smap


Sponsored Links


*『週刊女性』2017年1月3・10日号(一部、内容を修正しております)
-http://www.jprime.jp/articles/-/8756


この記事を友だちに「シェア」


Bookmark the permalink.