生SMAPもう見られない!?「さんスマ」が中止決定…紅白は交渉難航

Share Button

12月31日に解散するSMAPとタレント、明石家さんま(61)が出演する年末恒例の日本テレビ系生特番「さんま&SMAP!美女と野獣のクリスマススペシャル」が今年は放送されないことが2日、分かった。現段階で、大みそかの「第67回NHK紅白歌合戦」(後7・15)の出場者リストにも名前はなく、年内で終了するフジテレビ系「SMAP×SMAP」(月曜後10・0)も26日放送予定の最終回の内容は調整中。生で5人そろった姿はもう見られない!?

クリスマスの風物詩だった特番が、SMAPの解散でもう見られない。


Sponsored Links


「さんスマ」は1995年からスタートし、毎年クリスマス前後に生放送されてきたバラエティー特番。さんまと5人が恋愛トークを展開したり、SMAPに関する噂を検証したりと、メンバーの素が見える企画が人気で、過去21回の放送で14~26%の高視聴率を記録してきた。

しかし、今年はSMAPが大みそかで解散。夏以降、「グループ活動をすることは難しい」と5人は民放音楽特番の出演を辞退しており、厳しい状況を承知の上で、同局は今年も放送するべくオファーしていたが、かなわなかった。


Sponsored Links


続き:
http://www.iza.ne.jp/kiji/entertainments/news/161203/ent16120308290007-n2.html


この記事を友だちに「シェア」


Bookmark the permalink.