トランプが米国映画の「ネタ」にされるワケ「TVやプロレスに、どうかかわってきたのか」

Share Button

アメリカ合衆国の歴史において、ドナルド・トランプほど適性が疑問視された大統領候補はいなかった。そのハンディを跳ね返したのは、ひとえに彼の知名度の高さにある。でも問題は、その知名度の質が大統領職に全くそぐわないことなのだ。

ドナルド・トランプはニューヨークを拠点とする不動産会社経営者としては3代目にあたり、ビジネス・スクールの名門であるペンシルベニア大ウォートン・スクールを卒業している。本来こうした人種は目立った行動を控えるものだが、1980年代にトランプは自らの名前を冠したド派手な施設を次々と建設していった。

全米のお茶の間に知られたきっかけ

SFコメディシリーズ『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の悪役ビフ・タネンは、当時のトランプがモデルとされている。『バック・トゥ・ザ・フューチャー2』(1989年)でビフが根城にするカジノ兼ホテルの外見は、トランプ・プラザそっくりだ。


Sponsored Links


この作品を製作したスティーブン・スピルバーグは、今回の大統領選で反トランプの急先鋒だった男だが、1986年のプロデュース作『グレムリン2 新・種・誕・生』でもトランプに言及している。この作品に登場する不動産王〈ダニエル・クランプ〉はチャイナ・タウンの地上げを目論む悪党だが、その野望をあざ笑うかのように高層ビル〈クランプ・センター〉はグレムリンたちの戦場と化してしまう。

一方、『グレムリン』第1作の脚本家だったクリス・コロンバスが監督したファミリー・コメディ『ホーム・アローン2』(1992年)では、家族とはぐれた主人公がひとりプラザホテルに宿泊するシーンでトランプ本人が登場する。彼は当時この超高級ホテルのオーナーだったのだ。『セレブリティ』(1998年)や『ズーランダー』(2001年)、『トゥー・ウィークス・ノーティス』(2002年)といった映画にもトランプは本人役で登場している。

彼がこれだけ映画でネタにされたのは、今どき珍しいくらい富を誇示するベタな大富豪だからに違いない。いくらトランプの14倍の資産を持っていようと、予備校生のようにしか見えないFacebookの創業者、マーク・ザッカーバーグではインパクトが弱いのだ。続き「こちら


Sponsored Links


trump


この記事を友だちに「シェア」


Bookmark the permalink.