Facebookのアカウント乗っ取り『卑猥の画像』タグ付け、不正広告被害の『対策方法』

Share Button

最近、Facebookのアカウント乗っ取り被害『いやな画像』タグ付け不正広告被害が相次いでいます。実際に被害に遭われているアカウントをいくつも発見しました。

fb

一度アカウントを乗っ取ると、卑猥な画像や動画を投稿し、そこに友達のアカウントを次々にタグ付けしていきます。自分だけではなく、自分の友達のアカウントにまで多大な迷惑をかけてしまうため、大問題です。

瞬時に乗っ取り被害だと理解できないリテラシーの低い人に見られてしまうと、あなた自身が相当な変態なのだと誤解を受ける可能性もあるでしょう。

今回のスパム事象は、次のような一連の動きになっています。

1.アカウントを乗っ取る
2.卑猥な画像や動画を投稿し、乗っ取ったアカウントの友達をタグ付けする
3.URL付きメッセージで乗っ取りアプリを拡散

乗っ取ったFacebookアカウントを不正に利用し、画像投稿に友達をタグ付けして不正な広告を拡散させようとする手口です。タグ付けすることで、タグ付けされた本人とその友達のタイムラインに画像が表示されるため、自分の友達に不正な画像を見せることになり、あなた自身が変態であると誤解を招くこともあります。

・・・という事で被害にあった際にどうすればいいか《対策》をご紹介致します。

《対策1》卑猥な画像のタグを外す

1. 投稿の右上に表示される、Vマークをクリック
2. ドロップダウンメニューから「タグを報告または削除」を選択


Sponsored Links


これであなたのタイムラインから画像は無くなります・・・

あなたが相当な変態と思われる前にまず《対策1》を必ず実施して下さい。次の《対策2》に関しては、予防的なものです。

《対策2》タグ付けの承認制に

1. 設定>タイムラインとタグ付け設定
2. 友達があなたをタグ付けした投稿をタイムラインに表示する前に確認しますか?を「ON」に設定

この設定をしておくと、自分がタグ付けされた投稿をタイムラインに掲載する前に手動で承認するかどうかを管理できますので、あなた自身が承認するまで、タグ付けされた《卑猥な画像》がタイムラインに表示することはありません。安心です

注意:もし「本当の友達」からのタグ付けで、そのまま自分のタイムラインに表示させたいのであれば《対策2》をやらなくても大丈夫だと思います。「いちいち友達からのタグを承認するのが面倒ですので・・・」。もし被害が激しい場合は、実施していいでしょう。後で設定を戻すことができます。

《対策3》友達に乗っ取りを通知

一度乗っ取りを受けたアカウントは友達に迷惑をかけてしまっているので、あなた自身が変態という誤解を解く為に、謝罪の投稿を実施することです。タグをつけてしまった友達にもメッセージを送っておきましょう。

また、投稿だけでなく、その他の設定等も改ざんされていないかチェックしておくと良いだろう。ページの上部にある《Vマーク》をクリックして、「アクティビティログ」を見れば、直近の動きは分かります。

《最後に》


Sponsored Links


アカウントを乗っ取られた人は被害者でありながら、タグ付けの乱発や、悪質サイトへの誘導という意味で加害者にもなりかねないわけです。しっかりと対策をしておかないと、友達を失いかねません。放っておけばどんどん被害を拡散し、あなた自身も《加害者》と認識されてしまう恐れがありますので、早急な対応をしましょう。


この記事を友だちに「シェア」


Bookmark the permalink.