W杯で苦情「文化の違い出た」

*** W杯で苦情「文化の違い出た」 *** ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会の組織委員会は23日、 これまで禁止していた試合会場への飲食物の持ち込みについて、 食べ物に限って容認すると発表した。  23日の試合から実施した。 開幕戦以降、観客からの苦情が相次いでおり、方針を変更した。  20日に東京スタジアム(東京都調布市)であった日本―ロシアの開幕戦などでは、 会場内の売店に長い行列ができたり、食べ物が売り切れたりして、問題視されていた。 23日以降に会場に持ち込める食べ物は、個人が消費できる量に限る。 飲み物についてはビンや缶などのグラウンドへの投げ込み防止など の理由で引き続き持ち込めないが、水筒は容認されている。 また、全試合会場に無料の給水場が用意されている。  ラグビーW杯の飲食物提供を巡っては、 ビール好きの多い海外客に対応するため、 組織委はビールの売り子を場内に配置するなど準備を進めていた。 一方で食べ物も求める日本の観客への対応がおろそかになっており、 組織委幹部は「国内外のファンの観戦文化の違いが出た」と語った。 ***>>> 出典:***** 続きを読む

危機的状況に陥っている韓国経済「通貨危機の再来前夜」の状態か

*** 危機的状況に陥っている韓国経済「通貨危機の再来前夜」の状態か *** アジア通貨危機をきっかけとして、1997年に国家破綻の淵に立たされた韓国 現在、市場ではウォンの暴落が始まったと受け止められているという 97年の状況と重なっており、当時の「悪夢」の再来が懸念されている **** 「韓国経済は強い」と主張し続ける文在寅政権。 だが、実際は危機的状況に陥っている。懸念されているのが「22年前の悪夢」の再来だ。 1997年に発生したアジア通貨危機をきっかけに国家破綻の淵に立たされた韓国は、 経済再建のために国家全体が国際通貨基金(IMF)の管理下に置かれた。 超緊縮財政により多数の企業が倒産し、国民は塗炭の苦しみを味わった。  当時の状況に重なるのが「ウォンの暴落」だ。 為替市場では1ドル=1200ウォン台に突入すると危険水準とみなされるが、 ウォンは今年8月にこの水準に至った。 「市場では韓国の経済力がいよいよ低下してウォン暴落が始まったと 受け止められています」(元東洋経済編集長で経済学博士の勝又壽良氏)  ウォン安(暴落)の次に来るのが「格付けの引き下げ」である。 今年7月には米国の大手信用格付け機関S&P、 9月には同じくムーディーズが相次いで韓国企業の信用格付けを引き下げる可能性に言及した。 韓国企業の“稼ぐ力”が大きく低下していると懸念されており、 その先には韓国国債の格下げという「国家の信用不安」につながっていく。  22年前、韓国はまさにそうした道を辿った。1997年の通貨危機は、 ムーディーズなどの格付け機関が韓国国債の信用格付けを引き下げたことがきっかけの一つだった。  当時、危機の引き金を引いたのは決済資金であるドルの不足だったが、 その懸念も再び高まっている。 ***>>> 出典:***** 続きを読む

東京五輪57キロ級出場の道断たれた伊調馨がコメント

** 東京五輪57キロ級出場の道断たれた伊調馨がコメント ** レスリング女子で五輪4連覇の伊調馨(35)が24日、 所属のALSOKを通じ注目される去就について、コメントした。 「現時点で私自身、今後のことは何も決めていませんが、 選手・指導者としてレスリングがより魅力ある競技として発展していけるよう、 今後とも力を尽くしていきたいと考えております。 引き続きご声援のほど宜しくお願いいたします」(原文ママ) 伊調は、世界選手権(カザフスタン) の女子57キロ級で代表の座を争った川井梨紗子(24)が 優勝して東京五輪内定を決めたことで、 同階級での5度目の五輪出場の道が断たれていた。 先のプレーオフ直後には「やるべきことをやったので、 悔しいけど悔いはないです」と回答。 階級変更には否定的な見解を示しており、 7月には可能性が消えた場合には第一線を退くか聞かれ 「そうなると思う」と答えていた。 すでに練習を積む日体大で後進の指導にあたり、 試合ではセコンドに入っている。 今後は年末に開催される全日本選手権にエントリーするかどうかが注目される。 締め切り期限は約1カ月前で、どのような判断をするか。 日本協会への選手登録は年度ごとで次の更新は4月。 浜口京子のように選手登録だけ継続して 試合には出ない実質的な引退のケースを選ぶ可能性もある。 出典:***** https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190924-09240326-nksports-spo 続きを読む

対韓国「歴史戦」の布陣に 日韓基本条約揺らぐ事態も

********** 対韓国「歴史戦」の布陣に 日韓基本条約揺らぐ事態も 新たな安倍改造内閣がスタートした。見えてくるのは、 喫緊の課題である社会保障改革や経済対策もさることながら、 さらなる関係悪化が予想される韓国との「歴史戦」に臨む布陣にしたということだ。 展開次第では、両国関係の基礎となる 日韓基本条約が揺らぐ事態も想定されるが、 安倍晋三首相は文在寅政権と強い姿勢で向き合うようだ。  (共同通信=内田恭司) ▽ニューヨークで日韓外相会談へ  安倍首相は今回、茂木敏充氏を経済再生担当相から外相に、 河野太郎氏を外相から防衛相に横滑りさせ、 思想・信条が自身と近い萩生田光一、衛藤晟一、 西村康稔、高市早苗各氏を文部科学相、一億総活躍担当相、 経済再生担当相、総務相として入閣させた。  今回の組閣はいろいろと特徴付けられるが、 「対韓国」という視点で見れば、安倍首相は実務面でも、 姿勢の面でも文政権に対して一歩も引かない態勢を整えようとしたのだと言える。 「歴史戦に受けて立つ陣容」(野党幹部)だと言っていい。 日本政府関係者によると、文政権は国内外でさまざまな軋轢を生んでいるが、 政権基盤はなお強固で、強い反日姿勢を示したことでさらに引き締まり、 来年4月の総選挙は勝つ可能性が高いと、首相官邸は分析しているのだという。 「先鋭化する文政権に対抗していく必要がある」(関係者)との認識が、 今回の組閣に反映されているというわけだ。 中でも注目されるのは ***>>> 続きを読む

「万引き犯への温情は無用」「こんなヤツには注意する」 万引きGメンに聞く、よくある手口と捕まえ方

********** 「万引き犯への温情は無用」「こんなヤツには注意する」  万引きGメンに聞く、よくある手口と捕まえ方 お店で代金を支払わずに商品を持ち逃げしようとする「万引き」。 警察白書の統計によれば、国内の年間万引き件数は、 発覚したものだけでも毎年10万件を超えるといいます。 こうした万引き犯に対抗するため、客に紛れて店内を巡回し、 犯人を発見して捕まえる仕事を請け負っているのが通称「万引きGメン」(私服警備員)です。  今回は、「1日に5人捕まえたこともある」 という凄腕の万引きGメンであるAさんに、 よくある万引きの手口から、Gメンに向いている人の特徴、 忘れられないエピソードなどを教えてもらいました。 「万引き犯に温情は無用、容赦しない」というAさんが語る、現場の実情とは? どんなお店でどんな人が万引きするのか? ――万引きGメンってどんな場所で張ることが多いんですか? やっぱりスーパー?  スーパーも万引きはそれなりにありますが、 そもそもの単価が低いです。われわれのクライアントさんは 薬局とディスカウントストアが多かったですね。 あとは雑貨店とかゴチャゴチャした本屋。 ――万引きする人の傾向ってどんなでしょう。  まずはホームレス。身なりをごまかしても靴を見れば分かります。 ホームレスは食品を盗ることが多いので、 新人には「取りあえず飲食コーナー見張っとけ」 とはよく指示します。次にティーンエイジャー。 子どもが大きなカバンを持って入店してきたら要注意です。 続き本文へ ***>>> 本文:***** 続きを読む

「本当に申し訳ない」 渋野日向子は初めての打球事故

首位に6打差の8位からスタートした渋野日向子は4バーディ、 2ボギーの「70」とし、通算5アンダーの20位に後退して最終日を迎える。 首位との差は8打に開き、最終日の逆転に向けて 「かなりのビッグスコアを出さないといけない。 悔いの残らないように、しっかり攻めていきたい」 と自らを鼓舞した。 この日は8491人(昨年比1522人増)のギャラリーが詰めかける中、 同学年の原英莉花、練習ラウンドをともにすることも多い野澤真央との組み合わせ。 初日(原と新垣比菜と同組)に続いて気心が知れた仲間たちとのプレーとなり、 談笑するシーンも多かった。 それでも「楽しさは、昨日ほどじゃなかったかも。 ゴルフの内容が内容だったので」と話し、 ショット、パットともに及第点からは遠い評価だった。 2つ伸ばして迎えた前半9番の1Wショットではフィニッシュで片手を離し、 ボールは大勢のギャラリーが待つ左サイドへ。 スタッフからボールが男性ギャラリーに直撃したことを聞いた。 硬い表情で2打目地点に向かい、その男性と対面し、 「大丈夫そうだったので、ケガをされなくて良かった」とホッと一安心。 その場でサインを書き入れたボールを手渡すと周囲から拍手が起こり、 男性から「ありがとうございます。頑張ってね」と感謝された。 「かなりの“殺人ボール”を打っていたのに、 ぜんぜん怒りもされなかったので。本当に申しわけないな、と思いながら…」と渋野。 記憶では「初めて」という打球事故。 このホールは2打目を刻んだあとの3打目を寄せきれずにボギーとしたが、 男性から声援を受けたこともあったのか、「切り替えはできていた」 と動揺することなくプレーを進められたという。 ***>>> 出典:***** https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190921-00000009-gdo-golf 続きを読む

「日韓泥沼化」を抜け出せ!元徴用工・輸出規制問題の解決シナリオ

**************** 「日韓泥沼化」を抜け出せ!元徴用工・輸出規制問題の解決シナリオ **************** 「隣国だからと無理して仲良くする必要はない。 世界には隣国と臨戦態勢のところはいくらでもある。 38度線が南下してくることは日本にとってリスクではあるが、そうなってしまうのであれば仕方がない。 それ相応の準備をする他無い。」 「他国を急襲して占領、実効支配をする国を どう信用すればいいのか。徴用工に限らない 問題は数多く泥沼化を抜け出すには断交 あるのみだと思う。」 **************** 日韓関係について「韓国の行動はけしからん」 「日本は毅然と対応すべき」といった感情論がどんどん深まり、 今や関係を改善するべきとの言論自体が 対韓融和論とみなされるような気配がある。 今の日本の対韓政策には「やられたら、やり返す」 といった直截的な論理が支配しているようで、 韓国との関係をどうしていくのかという緻密な戦略は感じられない。 なぜ韓国との関係が日本にとって重要なのか、 今一度考えてみる必要がある。 ● 朝鮮半島の安定は 日本の死活的利益 日本は朝鮮半島を巡って3度も戦争をした。 豊臣秀吉の時代に6年にわたり行った朝鮮出兵、 朝鮮半島の権益を巡り朝鮮半島を主戦場とした日清戦争、 そして朝鮮半島の利権拡大を意図したロシアを封じるべく戦った日露戦争。 日本はその後、日韓併合を行い、朝鮮半島を直接支配した。 こうして朝鮮半島の人々に多大なる犠牲を強いたことを 決して忘れてはならないが、同時に、 日本が中国やロシアに朝鮮半島を支配されることが 自国の安全に甚大な影響を及ぼすと考え続けてきたこともよく認識しなければならない。 続き本文へ >>> 本文:***** 続きを読む

韓国の反日、行きつく先は哀れ、北による併合

**************** 韓国の反日、行きつく先は哀れ、北による併合 **************** **ネットの声*** 「ある意味正解だと思います。 「反日」による南は北への吸収が可能性大。 夢は叶って統一なら本望でしょうが悲しい結果がまってるかもね。」 「民主主義の国家で他国を批判し成長してる国ってないと思う。 なのでいつまで経っても日本の上には立てないでしょう。」 「文大統領にはこの勢いで反日路線を貫いてほしいです。 そして日韓関係の行き着くところは断交が良いと思います」 「日本人のふりができる通名制度は直ぐに廃止して欲しい!」 「反日はあなた方が望んだ事です、その結果はどうなろうがあなた方の責任です。」 **************** 華夷秩序では日本の上位に立つべき朝鮮半島国家であるが、 19世紀後半は日支の勢力争いに翻弄され、 独立国家として日本の上位に位置するどころか、 日清・日露の2度の戦争で日本に独立させてもらう為体であった。  1910年から敗戦(45年)まで日本に併合される。  日本の敗戦で独立するが国土は二分される。 北を統治する金日成は戦争に参加して独立を獲得したという大義を有するが、 南の韓国は日本敗戦の結果として棚から牡丹餅で独立しただけで、北ほどの正統性が見出せない。  そこで、「一度、日本と戦争をやって、勝たせてもらわんと、 我が国の反日は、収まりませんな。わははは」となるのだ(豊田有恒 「統一朝鮮が日本に襲いかかる日」、『正論』昭和31年4月号所収)。  豊田氏はこうした発言を1970年代、80年代に、 ソウルにいた複数の日本語世代韓国人からジョークとして聞いたという。 一度でも日本の上位に立ち、正統性を誇示したい韓国人の本音であったに違いない。 ****>>>> 出典:***** 続きを読む

「いつ死んでもいい」地震きっかけにホームレスに…66歳を救った善意

**************** 「いつ死んでもいい」地震きっかけにホームレスに…66歳を救った善意 **************** 今や日本の総人口の4人に1人が高齢者。 2040年には3人に1人に達するとの推計もある。 平均寿命は延び続け、65歳は人生の折り返し地点と言っても過言ではない 「人生100年時代」に突入した。生き方は多様化し、 悩みも楽しみも十人十色。 ある辞書によれば、青春ならぬ「老春」とは 〈高齢者が青年のように若々しくしていること〉。 幸せを追い求める人々の、枯れることない「老春グラフィティ」をのぞいてみる。(吉田真紀) 秋の気配を感じるようになった福岡市・天神のベンチで、 竹田俊徳さん(66)は一日の大半を過ごす。 一緒に夏をしのいだ相棒は大きめのペットボトル。 麦茶のパックを入れて、水を注いでいる。 非常食で膨らんだスポーツバッグも着替えが入ったリュックも、 眼鏡も傘もつえも全てがもらい物か拾い物だ。ホームレスになってもうすぐ1年。 「信じられないかもしれませんが、人生で今が一番幸せだと思っとります」 続き本文へ ****>>>> 本文:***** 続きを読む

名古屋にあるファミマの“特殊すぎる業務”が話題 コンビニ店員がまさかの二刀流

**************** 名古屋にあるファミマの“特殊すぎる業務”が話題 コンビニ店員がまさかの二刀流 **************** 名古屋のコンビニ店員の“特殊すぎる業務”が 話題になっている。 近鉄・伏屋駅の改札に隣接するファミリーマートの店員は なんと駅の改札業務との二刀流をこなしているという。 現地を訪れ真相を確かめるとともに、 近鉄の広報部に話を聞いた。 名古屋市中川区にある伏屋駅に足を運んだ。 整備されたばかりなのかとても清潔感のある駅。 一見、綺麗だという以外は、 他の駅と特に変わりはないというイメージだが、 よく見ると、 「当駅は次の時間、 ファミリーマート係員が改札業務を行なっております。 6時00分頃~23時00分頃」という案内板が掲示されていた。 窓口の横にあるインターホンを押すと、 コンビニの店員が呼ばれて鉄道利用者の対応を するというシステムになっている。 このありそうでなかった“兼務”にSNS上では、 さまざなな反応があった。 「アリなんか、コレ?」 「ファミマの店員鉄オタじゃないと務まらないよ」 「コンビニ店員は今、マルチな才能を求められて大変だなあ」 「駅員業務も出来るのかいいなぁ」 ****>>>> 出典:***** https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190918-11000776-maidonans-life 続きを読む