「コンビニで嫌韓される?」韓国人YouTuberの投稿に波紋 店長も反論

***「コンビニで嫌韓される?」 韓国人YouTuberの投稿に波紋 店長も反論 大阪市内のコンビニで店員から「嫌韓」めいた発言をされたとして、韓国人ユーチューバーの男性が動画を投稿し、韓国のネットメディアもそのことを報じている。 店員は、客に対してタメ口だったと主張するが、実際はどうなのか。店側に話を聞いた。 「タッチ」と言われ、「『タッチして下さい』じゃないの?」 「片言でいいの?」。客の韓国人男性がレジでこう男性店員に日本語でクレームを入れると、店員は、思わず「えっ?」と返す。 このユーチューバー男性は2019年12月21日、店員とのやり取りを撮った4分強の動画を自らのチャンネルにアップした。「大阪コンビニで嫌韓される?? 韓国人を無視する日本人店員に真の教育!!」(原題は韓国語)のタイトルが付いている。 男性は、お酒などを買いにこのコンビニに入り、カゴに入れてレジに向かった。そこで、店員は商品をレジに読み込ませながら、「タッチ」と男性に指示する。 その後、男性と店員が先の会話を交わし、店員は、「分からないかなと思って」と説明したが、男性は、日本語でこう注文を付けた。 「分かんない人には、片言でいいの? 『タッチして下さい』じゃないの?」 これに対し、店員は、「そうですね」と言い、男性は、不満そうに買ったお酒などを持って店を出ていた。 ユーチューバー男性は、大阪市内のお好み焼き店で4月、 動画撮影を店員に注意されて「嫌韓される!」と逆ギレし、店長を呼んで店員を謝罪させる騒ぎを起こしている。 一連の経緯は、J-CASTニュースも当時、「韓国人YouTuber、店員に注意され『嫌韓される!』  約300万再生、お好み焼き店は『動画配信禁止』」のタイトルで紹介した。男性のチャンネルは、現在10万人近い登録者がおり、この過去の動画がトップに置かれ、当時の倍近い約500万回も再生されている状態だ。 今回の動画は、韓国の一部ネットメディアも取り上げ、 店内で最初、韓国語を話していたら店員がタメ口で応対したと批判的に報じた。 動画のコメント欄には、韓国人とみられる人から共感のコメントが続々書き込まれている。 「店員が外国人だと思って英語を使ったのだと思う」 この一部韓国メディアの記事は、 ネット掲示板などで日本語に翻訳されて話題になり、様々な意見が寄せられた。 続き本文へ***>>> 出典:***** https://news.livedoor.com/article/detail/17569779/ 続きを読む

好きな・嫌いなキャスターの両部門に立川志らく 両方に入っているのが本物

***好きな・嫌いなキャスターの両部門に立川志らく 両方に入っているのが本物 *** 先日「週刊文春デジタル」が公開した、 今回で2回目となる2019年「好きな・嫌いなキャスター&コメンテーター」アンケートが話題になっています。 【ランキング】嫌い部門 1~5位  12月23日放送の「グッとラック!」(TBS系)では、早速番組内で、このランキングが紹介されました。  今回のアンケートの結果、番組メインMCの立川志らくは「好きなキャスター」11位、「嫌いなキャスター」2位。 感想を求められた志らくは、同番組スタートからたった3カ月で、櫻井翔、中居正広を抑えて「好きなキャスター」11位となったことについて、「文句はないです」。  一方、「嫌いなキャスター」2位については、 「すごいよ、だって坂上(忍)さんと玉川(徹)さんを抑えてるんだもん。 私の持論でね、10人に好かれるやつは偽善者で、10人に嫌われるやつは悪党で、5人に好かれ5人に嫌われる人が本物。両方に入っているのが本物ですから」  とコメントしました。  今回のアンケートは、10月17日からの45日間行われ、13歳から86歳までの幅広い年齢層から、1万492票(男性57%、女性43%)が集まりました。  志らくのほかにも、今年は新しいメインキャスターが次々誕生。 「報道ステーション」(テレビ朝日系)から、「news23」(TBS系)に電撃移籍した小川彩佳アナは、どのような評価を受けているのでしょうか。 また、吉本の闇営業問題やジャニー喜多川氏死去のニュースでコメントが話題になった、「キャスター&コメンテーター」分野に積極進出している吉本芸人やジャニーズタレントは何位にランキングされているのでしょうか。 立川志らくへの「好き・嫌い」の投票コメントほか、 記事の全文は「文春オンライン」で公開中です。 本文へ***>>> https://news.livedoor.com/article/detail/17567186/ 続きを読む

人気アプリ「ToTok」アラブ首長国連邦が関与する監視ツールだった

***人気アプリ「ToTok」 アラブ首長国連邦が関与する監視ツールだった *** 怪しい開発者の野良アプリならいざ知らず、 審査を通過した有名アプリも警戒しなければいけない時代に来ています。 世界各国で人気のメッセージアプリ「ToTok」が、 アラブ首長国連邦が関与する監視ツールだったことが発覚しました。 表面上は無害な天気予報だが アプリの評価は5.0満点で4.6、3万人以上がレビューを記載、 カテゴリ別のダウンロードランキングでも上位――。 一見すると何の害もなさそうな有名アプリ「ToTok」の実態は、 アラブ首長国連邦の政府が会話を監視するためのツールでした。 ToTokはわずか1カ月前に登場したばかりですが、WhatsAppやSkypeが禁止されている中東以外にも、ヨーロッパ、アジア、アフリカ、 北米など世界中で数百万回ダウンロードされ、 世界各国で非常に高い人気を博しています。 北米では週単位で最もダウンロードされたソーシャルアプリに輝いていました。 位置情報は天気予報を提供するため、 アプリを起動するたびに連絡先へアクセスするのは友人を追加するためだと説明されていましたが、 実態は個人情報の収集が目的だったと考えられています。 会話だけでなく、マイク、カメラ、カレンダーなど、 あらゆるものがアプリのターゲットとなっていました。 ユーザーが喜んでダウンロードしてくれる 米政府当局の話としてスクープしたNew York Timesによると、 ToTokを開発したのはBreej Holdingとされているものの、 その背後にはアブダビのハッキング企業DarkMatterや、 データマイニング企業Pax AIといった怪しげな企業の存在が指摘されています。 とりわけDarkMatterは、サイバー犯罪の疑いでFBIの捜査対象となっている企業です。 先日も中国政府がウイグル自治区の住民を監視する目的で 作成したWebサイトの存在が明らかになりましたが、 このアプリも政府が犯罪やテロリスト組織、 反体制的なジャーナリストなどを監視するのが主目的だったと考えられています。 続き本文へ***>>> 出典:***** https://news.livedoor.com/article/detail/17568831/ 続きを読む