ツアーで一緒に泳いでいたイルカに海中に引きずり込まれた10歳女児(メキシコ)

***ツアーで一緒に泳いでいたイルカに海中に引きずり込まれた10歳女児(メキシコ) メキシコ南部のビーチリゾート、カンクンで休暇を楽しんでいたイギリス人家族に悲劇が起こった。 バンドウイルカと一緒に泳ぐツアーに参加していた10歳女児が、2頭に海中に引きずり込まれたのだ。 英ロンドン郊外バーキングサイドに住むローラ・ヤオさん(40)一家は先月末、 大手旅行代理店TUIのツアーを利用してメキシコのカンクンを訪れた。 一家は「ドルフィン・ディスカバリー(Dolphin Discovery)」が 主催する“バンドウイルカと一緒に泳ぐアクティビティ”に参加したのだが、 ローラさんらが見守る中、娘のレキシーちゃん(10)が2頭のイルカに海中に引きずり込まれた。 レキシーちゃんが泳いでいたのは、ビーチからすぐの場所に設けられた大きな囲いがある海で、 2頭のイルカが突然暴走した。 悲鳴に気付いたトレーナーがイルカを落ち着かせようとしたものの、2頭はレキシーちゃんが海に浮かんでいたボディボードにしがみつくまで、噛みつくなどの攻撃を執拗に続けたのだった。 その後、レキシーちゃんはスタッフに保護されたが、脚にはイルカに噛まれた痕や切り傷、大きな痣ができ病院で手当てを受けている。 ドルフィン・ディスカバリーの責任者は「海が荒れていたこと、また本来囲いの中にいるべきではないオスの1頭がいたことで、2頭が暴走してしまったようです」と述べたが、 ローラさんはこのように憤慨している。 「この事故により私たちは旅行を早く切り上げなくてはなりませんでした。 約98万円(7000ポンド)もかけてメキシコまでやってきたのに、TUIからは謝罪の言葉もありません。」 「あの時は娘が死んでしまうのではないかと思ったほどで、事故がトラウマになっています。 何よりも許せないのは、こんな恐ろしいことがあったにもかかわらず、TUIは今でもドルフィン・ディスカバリーとの仕事を続け、観光客に同じプログラムを提供しているのです。 次に事故が起こったら、怪我だけでは済まないのではないでしょうか。」 なおTUIはその後、ローラさん一家に謝罪の手紙を送り、事故の調査を開始したこと、返金について検討していることを伝えている。 また『The Sun』によるとイルカが人間を攻撃することは非常に珍しく、バンドウイルカに襲われて死亡した例はこれまでに1件だけ報告があったという。 しかしながら動物福祉団体「World Animal Protection」のニック・スチュアート氏は、次のように述べている。 >>> 出典:***** 続きを読む

勝新太郎、中村玉緒の長男・鴈龍さんが55歳で急死していた

***勝新太郎、中村玉緒の長男・鴈龍さんが55歳で急死していた 勝新太郎の長男で女優の中村玉緒(80)を母にもつ俳優の鴈龍(がん・りゅう)さんが、 11月1日、急性心不全で急死していたことが「週刊文春」の取材で分かった。享年55。 故若山富三郎の長男で、鴈さんの従兄弟にあたる俳優の若山騎一郎氏が明かす。 「報せを聞いた時は絶句しました。まだ若いし、大きな病気もなかったのに……。 悲しいという以前に心の整理がつかず、状況を飲み込めずにいます」 勝新太郎さんの通夜で、弔問客を迎える妻の中村玉緒さん(右から2人目)と長男の鴈龍さん(中央) ©共同通信社 滞在先の名古屋で急逝し、遺体が発見されるまでに数日間を要した。 いわゆる孤独死だったが、事件性はないと見られる。11月29日に近親者だけで葬儀を行い、すでに納骨も済ませているという。 鴈龍さんが役者の道を志したのは18歳のときだ。勝は「お前は俺の一番弟子だ。 息子じゃない」と言って厳しく指導したが、デビュー作「座頭市」(1989年)の撮影中に大惨事を起こしてしまう。 「鴈さんが真剣をあやまって使用したため、殺陣師の俳優が亡くなったのです。 勝さんは責任を追及され、鴈さんは謹慎生活を強いられた。追い討ちをかけるように90年に勝さんがコカインをハワイに持ち込んで逮捕されてしまいます」(芸能デスク) 下咽頭癌を患った勝が壮絶な闘病の末に亡くなったのは1997年6月のこと。 告別式で司会を務めた鴈さんは「父の名を辱めないよう、精一杯やらせていただきます」と宣言したが、その後も俳優活動は苦戦。玉緒がテレビ局に頭を下げて回ったが、単発の仕事ばかりだった。 「2017年の舞台を最後に鴈さんは公の場から姿を消し、 一時は宝石デザイナーを目指したこともあったが、近頃は何の仕事をしているのか、近しい人も知らなかった」(芸能関係者) 近年は、母の中村玉緒とも距離をとっていたという。 出典:***** https://gunosy.com/articles/R11Fm 続きを読む

壇蜜、ショートカット姿披露に「美人すぎる」「こんな綺麗な奥さん羨ましい」と反響

***壇蜜、ショートカット姿披露に「美人すぎる」「こんな綺麗な奥さん羨ましい」と反響 【モデルプレス=2019/12/04】タレントの壇蜜が3日、 自身のブログを更新。ショートカットのウィッグをかぶった姿の写真を公開し、 反響が寄せられている。 ◆壇蜜、ショートカット姿を公開 壇蜜は「ウィッグの進化に負けぬよう」とコメントし、黒髪ショートカットのウィッグをかぶり、レトロな衣装に身を包む写真を公開。 このショートカット姿は、お笑いタレントで俳優の板尾創路とともに出演した「板尾壇(談)」(テレビ埼玉、Kawaiian TV)の#50で披露していたときと同様のものと思われる。 ◆壇蜜のショートカット姿に反響続々 壇蜜は長い黒髪と妖艶な雰囲気でおなじみだが、 ガラッとイメージの異なるショートカット姿に反響が殺到。 この投稿にファンからは「美人すぎる!」 「ショートカットもお似合いです」などのコメントのほか、 11月に漫画家の清野とおる氏との結婚を発表していたことにちなみ 「新妻の初々しさが出てて、可愛らしいです!」 「こんな綺麗な奥さん羨ましい」といった声も寄せられている。 (modelpress編集部) >>> 出典:***** https://gunosy.com/articles/RbTDx 続きを読む

「わたしが出張に行かなければ」…“暴行死”3歳児の母親が悲痛のコメント

***「わたしが出張に行かなければ」…“暴行死”3歳児の母親が悲痛のコメント **ネットの声*** 「つらい。少し前までは、妊娠前までバリバリ働いていた女性が子どもを産んだ後、本人の希望と関係なく責任ある仕事から降ろされてしまう「マミートラック」「過剰な配慮」が多かったのですが、女性活躍の流れなどもあり、企業側もそのための環境整備を支援するなどして子育て中の女性でも出張や転勤もする事例が増えています。シングルマザーも例外ではないのでしょう。でも今回の場合、結果的に預け先が適切でなかった…。シングルペアレント同士で育休もとるような男性で大丈夫だと思ったのかもしれませんが、実親だって虐待することもあり、母親の交際相手による暴行は後を絶たない。そこは見極めが必要で、またシングルペアレンツなどが安心して預けられる場所、育てられる方法が社会的に必要とも言えるのではないでしょうか…。いずれにせよ悪いのは第一に犯人であり、お子さんのご冥福とともにお母様が慟哭から何とか立ち直れることをお祈りします…。」 ***記事内容*** 会社員でシングルマザーの平石桃子さんの長男・隆太郎くん(3)が死亡し、平石さんらと同居していた渡辺雄二容疑者(34)が傷害致死の疑いで逮捕された事件。 平石さんが母としてのやりきれない思いをつづったコメントを発表した。 犯行時母親は海外出張中…不在を狙っての犯行か 事件現場は、東京都江東区豊洲に建つタワーマンションの一室。2019年9月、隆太郎くんが救急搬送され、翌日死亡したが、その死因はお腹に強い力が加わったことによる失血死だった。 大手重工業メーカーに勤める渡辺容疑者は、2018年から育児休暇を取得し、2019年春ごろから平石さん親子と同居を開始。自分の幼い長男を含めた4人で暮らしていた。 犯行時、母親の平石さんは海外出張中だったといい、渡辺容疑者は母親の不在時を狙って犯行に及んだ可能性もある。 「もっともっと一緒にいたかった」母親が発した悲痛なコメント 今回発表された平石さんのコメントには、悲痛な思いがあふれていた。 本文へ***>>> 出典:***** https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191204-00010016-fnnprimev-soci 続きを読む

「お前が悪い」広瀬すずを怒った俳優に「すごく信用してる」

***「お前が悪い」広瀬すずを怒った俳優に「すごく信用してる」 女優の広瀬すず(21)が1日、日本テレビ「おしゃれイズム」 (日曜後10・00)に出演、 仕事の話やプライベートを語った。 番組には4年間で4回目の登場。 3年前に出演した時の俳優・野村周平(26)からのコメントが流れた。 野村は「すずはとにかく可愛い。 (野村が)27歳、すずが22歳になった時は結婚は考えてますよ、 しっかりと」という映像。 広瀬は野村のことを超真面目だという。 MCの上田晋也(49)が「(野村が)あんないいかげんなやつだったら」と話を振ると、 広瀬は「面倒くさ、って思っちゃう」と答えた。二人きりだと、真面目なのだそうだ。 広瀬は野村に「美味しい肉が食べたい」と言って、焼肉に連れて行ってもらい、 仕事のことプライベートなことを相談したという。 「その時、初めて“お前が悪い”と怒られた。初めて友達にちゃんと怒られた。それから、すごく信用してる」と話した。上田は「なかなか怒ってくれる人がいないよね。 自分でも悪いと思った?」と言うと、広瀬は「そうか、 自分もちゃんとしようと思った。 (野村のことを)しっかりしてる人」だと、信頼している様子だった。 続きを読む

「ファンとホテルで交流!?」「ただの性欲処理」SNSきっかけで女性問題を起こした有名人3人

***「ファンとホテルで交流!?」「ただの性欲処理」SNSきっかけで女性問題を起こした有名人3人 11月13日、女優・剛力彩芽との破局を報じられたばかりの「ZOZOTOWN」前社長・前澤友作氏が、既婚女性とトラブルになっていたことをニュースサイト「文春オンライン」が報じた。 「記事によると、女性は前澤氏が9月20日に投稿した、新会社『スタートトゥデイ』の秘書や広報を募集という内容を見て、履歴書を送ったそうです。 10月3日に前澤氏からオフィスに来るように連絡があり、採用面接だと思った女性が足を運んだところ、前澤氏に求められ、肉体関係を持ったといいます。しかし、A子さんは秘書に採用されることなく、トラブルに発展したそうなんです」(芸能ライター) この報道に、ネットユーザーから「スタッフ募集って出会い目的だったの?」「採用する立場を使って男女トラブルって、セクハラとパワハラでしょ……」「人妻に手を出した前澤の節操のなさにあきれる」など、厳しい言葉が続出した。 「SNSをきかっけに女性問題を起こした有名人は、前澤氏だけではありません。2018年にドラマ『コンフィデンスマンJP』(フジテレビ系)でブレークし、人気俳優の仲間入りを果たした小手伸也もその1人です」(同) 10月10日発売の「週刊文春」(文藝春秋)で、 小手がTwitterを通じて、知り合った女性ファンと不倫関係にあったことが明らかになった。 「文春」によると、小手は独身と偽り、複数回にわたってホテルで関係を持ったという。 同誌の直撃を受けた小手は、当初男女関係を否定したものの、 5日後にあらためて取材に応じた際、「あくまで(ファン)交流の一環です」と回答。 ホテルに行ったことについては「下北的なノリを捨て切れなかった」と答えている。 本文へ***>>> 出典:***** 続きを読む

中曽根康弘元首相が死去 101歳

***中曽根康弘元首相が死去 101歳 「戦後政治の総決算」を掲げ、国鉄の民営化や日米安全保障体制の強化などに取り組んだ、中曽根康弘・元総理大臣が29日、東京都内の病院で亡くなりました。101歳でした。 中曽根・元総理大臣は、大正7年に、群馬県高崎市で生まれ、昭和16年に旧東京帝国大学を卒業し、当時の内務省に入ったあと、太平洋戦争中は海軍の士官を務めました。 そして、昭和22年の衆議院選挙で、旧群馬3区に、当時の民主党から立候補して初当選し、その後、自民党の結成に参加して、20回連続で当選しました。 この間、昭和34年に第2次岸改造内閣の科学技術庁長官として初入閣し、防衛庁長官、運輸大臣、通産大臣のほか、自民党の幹事長や総務会長などを務めました。 また、改進党に所属していた当時、被爆国の日本でも、原子力発電に向けた研究開発が不可欠だとして、原子力関係の予算案の提出を主導したことでも知られました。 中曽根氏は、当時の佐藤栄作総理大臣の長期政権のもと、三木武夫、田中角栄、大平正芳、福田赳夫と並んで、いわゆる「三角大福中」の一角をなし、「ポスト佐藤」の候補として、党内の実力者のひとりに数えられるようになりました。 続き本文へ***>>> 出典:***** https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191129/k10012195791000.html 続きを読む

残念!韓国・文在寅政権の本質が判明…もはや「日米の仲間」ではなくなった

***韓国・文在寅政権の本質が判明…もはや「日米の仲間」ではなくなった ボールはまだ向こうにある 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権が、 日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を延長した。 米国の圧力に抵抗できず、やむなく折れた形だが、 これで一件落着とはいかない。 文政権は今回の騒ぎで、 一段と苦しい立場に追い込まれてしまった。 文政権は11月22日、 GSOMIAについて「(日本に対する)破棄通告の効力を停止した」と発表した。 回りくどい言い方だが「協定延長」である。 韓国側がこだわった日本の対韓輸出管理見直しについては、 局長級協議の開催で日本と合意した。 協議が続いている間は、 韓国が提訴した世界貿易機関(WTO)の手続きも中断する。 韓国は「条件付きの延長」であり「協議が不調に終われば、 GSOMIAの破棄もあるぞ」と強がっている。 それができるくらいなら、今回、延長しなかったはずだ。 日本は協議に応じるだけで、何も譲っていない。 一言で言えば、韓国の完敗、日本の完勝である。 ともあれ、日韓協議はセットされた。 となると、これから事態はどう動くか。 ボールは依然として、韓国側にある。 韓国が輸出管理の見直しを要求したところで、 韓国が貿易管理体制をきちんと整備しなければ、 日本は危なっかしくて、とても戦略物資など輸出できない。 WTOに持ち込んだところで、話は同じだ。 >>> 出典:***** 続きを読む

フィリピンがやばい!中国が完全支配「いつでも電力網遮断可能」内部報告書が警告

***フィリピンの電力網、中国が「いつでも遮断可能」 内部報告書が警告 **ネットの声*** 「5G問題では日本も他人事ではない。 せめて米と協力すべきで、中国に5Gの覇権を握らせてはいけない。」 「強烈だなぁ。ドゥテルテが中心となって法改正しなければ、フィリピンの主権が脅かされる。」 「電力の専門的な事はわからないが、日本も発電と送電を分離する話が出ていた時期もあったと思うのだが、この記事の内容を踏まえ、よ~く考える必要があるのではないだろうか。  日本だと他には、島嶼や水源地、自衛隊の基地の周辺の不動産とかも過去に話題になっていたと思うがね。いや、今でもかな。」 「重要インフラは、いつまでも他国の技術に頼ってはいけない。幕末以来、日本の政治家が常に心掛けてきたことだ。5Gも同様なのに、いまの日本はふがいない。。。」 「いやいや これでは フィリピン ヤバいよね、 よりによって 領土問題の懸念国である中国が 大株主とはね、 早急に方針転換しないと 電力を人質に 色々と譲歩やユスリを かけてきそうだな。」 ***記事内容*** (CNN) フィリピンの電力供給網は中国政府の支配下にあり、紛争の際には遮断される可能性があるという議員向けの内部報告書の存在が明らかになった。 中国の送電会社の国家電網は、フィリピンの送電企業NGCPの株式の40%を保有している。民間の合弁企業のNGCPは2009年からフィリピンで送電事業を行っている。中国がフィリピンの電力システムに介入する可能性については10年前の合意時から懸念が出ていた。 議員からは今月、取り決めについて再検討を求める声があがった。内部報告書によれば、システムの主要素にアクセスできるのは中国人技術者のみで、理論上は中国政府の指示によって遠隔で動作を停止させることも可能だという。 中国によってこうした攻撃が電力網に行われたという前歴はない。また、喫緊にこうしたことが行われるという証拠が提示されているわけでもなく、あくまで将来的な理論上の可能性としている。 情報筋によれば、内部報告書は電力網が現在、中国政府の「完全な支配下」にあり、中国政府はフィリピンの電力網に混乱を引き起こす能力を保持していると警告している。 続き本文へ***>>> 出典:***** https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191126-35145970-cnn-int 続きを読む

一晩で27億円「税金返せ」と訴え!

**一晩で27億円「税金返せ」と訴え 大嘗祭「一晩のため税金27億円」 東京駅前で反対集会 東京都千代田区のJR東京駅・丸の内駅前広場で14日夜、 大嘗祭(だいじょうさい)に反対する集会があった。  主催者の男性はマイクを持ち 「たった一晩の儀式のために27億円もの税金を使い、 巨大な神殿が建てられた」 と訴えた。 参加者は 「インチキ大嘗祭」 などと書かれたプラカードを掲げ 「大嘗祭反対」 「税金返せ」 とシュプレヒコールの声を上げた。 武蔵野市から来たという女性(37)は 「天皇制に反対する人は潜在的にいるのに、 声を上げにくい息苦しい状況が生まれている」 と語った。 出典:***** 続きを読む