中曽根康弘元首相が死去 101歳

***中曽根康弘元首相が死去 101歳 「戦後政治の総決算」を掲げ、国鉄の民営化や日米安全保障体制の強化などに取り組んだ、中曽根康弘・元総理大臣が29日、東京都内の病院で亡くなりました。101歳でした。 中曽根・元総理大臣は、大正7年に、群馬県高崎市で生まれ、昭和16年に旧東京帝国大学を卒業し、当時の内務省に入ったあと、太平洋戦争中は海軍の士官を務めました。 そして、昭和22年の衆議院選挙で、旧群馬3区に、当時の民主党から立候補して初当選し、その後、自民党の結成に参加して、20回連続で当選しました。 この間、昭和34年に第2次岸改造内閣の科学技術庁長官として初入閣し、防衛庁長官、運輸大臣、通産大臣のほか、自民党の幹事長や総務会長などを務めました。 また、改進党に所属していた当時、被爆国の日本でも、原子力発電に向けた研究開発が不可欠だとして、原子力関係の予算案の提出を主導したことでも知られました。 中曽根氏は、当時の佐藤栄作総理大臣の長期政権のもと、三木武夫、田中角栄、大平正芳、福田赳夫と並んで、いわゆる「三角大福中」の一角をなし、「ポスト佐藤」の候補として、党内の実力者のひとりに数えられるようになりました。 続き本文へ***>>> 出典:***** https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191129/k10012195791000.html 続きを読む

残念!韓国・文在寅政権の本質が判明…もはや「日米の仲間」ではなくなった

***韓国・文在寅政権の本質が判明…もはや「日米の仲間」ではなくなった ボールはまだ向こうにある 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権が、 日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を延長した。 米国の圧力に抵抗できず、やむなく折れた形だが、 これで一件落着とはいかない。 文政権は今回の騒ぎで、 一段と苦しい立場に追い込まれてしまった。 文政権は11月22日、 GSOMIAについて「(日本に対する)破棄通告の効力を停止した」と発表した。 回りくどい言い方だが「協定延長」である。 韓国側がこだわった日本の対韓輸出管理見直しについては、 局長級協議の開催で日本と合意した。 協議が続いている間は、 韓国が提訴した世界貿易機関(WTO)の手続きも中断する。 韓国は「条件付きの延長」であり「協議が不調に終われば、 GSOMIAの破棄もあるぞ」と強がっている。 それができるくらいなら、今回、延長しなかったはずだ。 日本は協議に応じるだけで、何も譲っていない。 一言で言えば、韓国の完敗、日本の完勝である。 ともあれ、日韓協議はセットされた。 となると、これから事態はどう動くか。 ボールは依然として、韓国側にある。 韓国が輸出管理の見直しを要求したところで、 韓国が貿易管理体制をきちんと整備しなければ、 日本は危なっかしくて、とても戦略物資など輸出できない。 WTOに持ち込んだところで、話は同じだ。 >>> 出典:***** 続きを読む

フィリピンがやばい!中国が完全支配「いつでも電力網遮断可能」内部報告書が警告

***フィリピンの電力網、中国が「いつでも遮断可能」 内部報告書が警告 **ネットの声*** 「5G問題では日本も他人事ではない。 せめて米と協力すべきで、中国に5Gの覇権を握らせてはいけない。」 「強烈だなぁ。ドゥテルテが中心となって法改正しなければ、フィリピンの主権が脅かされる。」 「電力の専門的な事はわからないが、日本も発電と送電を分離する話が出ていた時期もあったと思うのだが、この記事の内容を踏まえ、よ~く考える必要があるのではないだろうか。  日本だと他には、島嶼や水源地、自衛隊の基地の周辺の不動産とかも過去に話題になっていたと思うがね。いや、今でもかな。」 「重要インフラは、いつまでも他国の技術に頼ってはいけない。幕末以来、日本の政治家が常に心掛けてきたことだ。5Gも同様なのに、いまの日本はふがいない。。。」 「いやいや これでは フィリピン ヤバいよね、 よりによって 領土問題の懸念国である中国が 大株主とはね、 早急に方針転換しないと 電力を人質に 色々と譲歩やユスリを かけてきそうだな。」 ***記事内容*** (CNN) フィリピンの電力供給網は中国政府の支配下にあり、紛争の際には遮断される可能性があるという議員向けの内部報告書の存在が明らかになった。 中国の送電会社の国家電網は、フィリピンの送電企業NGCPの株式の40%を保有している。民間の合弁企業のNGCPは2009年からフィリピンで送電事業を行っている。中国がフィリピンの電力システムに介入する可能性については10年前の合意時から懸念が出ていた。 議員からは今月、取り決めについて再検討を求める声があがった。内部報告書によれば、システムの主要素にアクセスできるのは中国人技術者のみで、理論上は中国政府の指示によって遠隔で動作を停止させることも可能だという。 中国によってこうした攻撃が電力網に行われたという前歴はない。また、喫緊にこうしたことが行われるという証拠が提示されているわけでもなく、あくまで将来的な理論上の可能性としている。 情報筋によれば、内部報告書は電力網が現在、中国政府の「完全な支配下」にあり、中国政府はフィリピンの電力網に混乱を引き起こす能力を保持していると警告している。 続き本文へ***>>> 出典:***** https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191126-35145970-cnn-int 続きを読む

一晩で27億円「税金返せ」と訴え!

**一晩で27億円「税金返せ」と訴え 大嘗祭「一晩のため税金27億円」 東京駅前で反対集会 東京都千代田区のJR東京駅・丸の内駅前広場で14日夜、 大嘗祭(だいじょうさい)に反対する集会があった。  主催者の男性はマイクを持ち 「たった一晩の儀式のために27億円もの税金を使い、 巨大な神殿が建てられた」 と訴えた。 参加者は 「インチキ大嘗祭」 などと書かれたプラカードを掲げ 「大嘗祭反対」 「税金返せ」 とシュプレヒコールの声を上げた。 武蔵野市から来たという女性(37)は 「天皇制に反対する人は潜在的にいるのに、 声を上げにくい息苦しい状況が生まれている」 と語った。 出典:***** 続きを読む

首里城炎上 イベント関係者の一部が正殿近くで「タバコ」の目撃情報

**首里城炎上 イベント関係者の一部が正殿近くで「タバコ」の目撃情報 スプリンクラーなど大規模消火設備がなかったことも判明。火災原因を徹底検証する 11月1日以降、首里城跡地では出火原因を究明するため、 沖縄県警と消防による実況見分が行われている 「まだ夜が明けていない頃、 けたたましく鳴り響く消防車のサイレンの音で目が覚めました。 何が起きているんだろうと窓を開けたら、 遠くで首里城が燃えているのが見えたんです。 我が家とは3㎞以上離れているにもかかわらず、 蒸し風呂にいるような暑さがこちらにも伝わってきました」(那覇市に住む40代女性) 10月31日未明の午前2時40分ごろ、沖縄県那覇市の首里城から火の手が上がった。 駆けつけた消防によって約11時間後には鎮火したが、木造3階建ての正殿など、 主要部分のほとんどを焼失。 沖縄県警や消防が行った実況見分によると、 火元は正殿1階の北側だと見られている。 沖縄のシンボルとも言える建物が、一晩で灰燼(かいじん)に帰した――。 現地では哀しみが広がる一方で、怒りの声も上がり始めている。 『ハイサイおじさん』などの楽曲で知られる音楽家の喜納昌吉(きなしょうきち)氏は話す。 「首里城の管理は今年2月から『沖縄美(ちゅ)ら島財団』に委託されており、 ほどなくして今回の火災が起きました。 首里城は世界遺産に認定され世界中から観光客が詰めかけ、 多くの利権が生まれました。その利権が優先され、 防災設備などのセキュリティが後回しにされたとしたら、 それは許されることではありません」 実際、首里城内には消火器などの防災器具は設置されていたものの、 スプリンクラーのような大規模消火設備はなかった。 続き本文へ***>>> 本文:***** https://news.livedoor.com/article/detail/17383285/ 続きを読む

金正恩委員長には「好き」 トランプ大統領はなぜ韓国が嫌いなのか

** 金正恩委員長には「好き」 トランプ大統領はなぜ韓国が嫌いなのか ことあるごとに金正恩委員長が「好きだ」とツイートしてきたトランプ大統領 韓国に対しては「嫌い」と認識しているとの証言が元米軍司令官の著書で判明 防衛の「ただ乗り」などに憤っているようで、費用の分担を求めているという ***記事内容*** 金正恩は好き、文在寅は嫌い  ドナルド・トランプ米大統領はことあるごとに「金正恩(朝鮮労働党委員長)が好きだ」とツィートしてきた。  それに反して金委員長との間を取り持ってくれた「文在寅大統領の韓国」については好きだとも嫌いだとも言ったことがない。なぜか。  文在寅氏が北朝鮮の非核化よりも南北朝鮮統一を視野に入れた民族の融和を優先しようとする「コリア第一主義」に対する苛立ちからくるのか。  あるいは文在寅政権を含む歴代韓国政府がどうも面従腹背的な対米姿勢をとってきたことへの抜き差し難い不信感があるのか。  朝鮮戦争以降、韓国を共産主義の侵略から守るという名目で米国が兵力とカネをつぎ込んできた米韓軍事同盟の「片務性」に対する不満からくるのか。  これまで日米韓の外交専門家たちは、その要因を突き止めようとしてきた。しかし、理由はこれだ、という確固たる証拠は出ていない。  前述の3つすべてからトランプ大統領は韓国が嫌いなのだ、といった漠然とした見方しかなかった。  大統領の「生の声」がなかったからだ。 著者は厚木経験のトップガン  ところが、トランプ大統領がなぜ韓国が嫌いなのか、それを示す政権内部での「生の声」が10月に出た新著で明らかになった。 続き本文へ***>>> 出典:***** 続きを読む

韓国軍の現役・OBら、文在寅政権に不信感強める 決起する可能性も

**韓国軍の現役・OBら、文在寅政権に不信感強める 決起する可能性も GSOMIA破棄を決定した韓国の文在寅政権について夕刊フジが報じた 文政権の姿勢に、軍の現役・OBらが不信感を強めているとのこと 識者は、GSOMIA失効のタイミングで軍部などが決起する可能性を指摘した ***記事内容*** 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権に対し、軍の現役・OBらが不信感を強めている。北朝鮮が弾道ミサイル発射を繰り返すなか、文政権が米韓同盟を軽視し、日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄を取り消さないからだ。自由民主国家の危機に、退役後、予備役に回った若者らの一部は「決死隊」を名乗り、「命をかけて文大統領を引きずり下ろす」と覚悟を固めているという。識者は、GSOMIAが失効するタイミングで、「決死隊」と軍部が決起する可能性を指摘した。 ◇  《歴代の韓国国防相ら「戦時作戦統制権の返還時期、政治ではなく韓国軍の能力を考慮せよ」》  朝鮮日報(日本語版)は10月31日、こんなタイトルの記事を掲載した。  「戦時作戦統制権」(統制権)とは、朝鮮半島有事の際、米韓連合軍を米軍が指揮する権限。文政権は2022年に米軍から韓国軍に移管させる目標を立てている。  だが、記事では、国防相経験者の話として「統制権が韓国軍に移管された場合、在韓米軍の削減や撤収につながる恐れがある」とし、統制権移管に前のめりな文政権への懸念の言葉が並んだ。  くしくも、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長率いる北朝鮮は同日夕、平壌(ピョンヤン)近郊の順川(スンチョン)付近から日本海に向けて弾道ミサイル2発を発射した。今年5月以降12回目となる。  文政権は、大統領以下の中枢幹部が左翼思想に染まっており、「反日・離米・従北・親中」の姿勢を崩さない。在韓米軍基地の削減・撤収を加速させ、米韓同盟を軽視するような態度は、韓国軍関係者らの不満をかき立てている。  首都ソウルでは10月3日、文政権打倒を訴える「300万人以上」(主催者発表)という大規模集会があった。  元韓国国防省北韓分析官で、拓殖大学主任研究員の高永チョル(コ・ヨンチョル)氏は、この集会に「OB軍人・戦友会」として参加した。  大統領府(青瓦台)の入り口前には600人程度の「決死隊」が陣取っていた。半分ほどが20~30代の退役軍人・予備役。大統領府前で寝泊まりしながら連日、「文大統領は退場だ」「米韓同盟を守れ」「GSOMIA破棄は自殺行為だ」などとプラカードを掲げ続けているという。 続き本文へ***>>> 本文:***** 続きを読む

GSOMIAめぐり韓国は孤立 復元も終了撤回も難しい状況に

**GSOMIAめぐり韓国は孤立 復元も終了撤回も難しい状況に SOMIAをめぐり、米国は終了決定を撤回するよう韓国に圧力をかけ続けている 韓国は「GSOMIA復元」の条件を提示するも、日本側に動きは見られないと筆者 一方で韓国世論は6割が終了決定を支持しており、覆すには根拠が必要という ***記事内容*** 韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の満了(22日0時)を17日に控え、 米政府関係者の訪韓が続いている。 米国は終了決定の撤回に圧力を加え、日本は態度の変化の兆候を見せない中、政府は頭を悩ませている。 5日午後に韓国に到着したスティルウェル国務次官補(東アジア・太平洋担当)は6日、青瓦台(チョンワデ、大統領府)と外交部の関係者に会う。 米国が何度か予告したようにGSOMIAを復元すべきというメッセージを韓国政府に伝えるのが今回の訪韓の目的だ。最近ワシントンで政界関係者らに会った情報筋は 「すべての対話が韓国のGSOMIA終了決定に対する失望感の表出で始まり、中国・ロシア・北朝鮮だけが喜ぶという懸念が続いた」と伝えた。 米国はGSOMIAを対中国牽制という大きな枠で眺めているだけに、韓国が決定を変えない場合、米国が掲げたインド太平洋戦略に積極的に参加するかどうかを選択すべきという形で圧力を加えるという見方も出ている。 韓国はその間、韓中関係を考慮してインド太平洋戦略参加に慎重な立場を見せてきた。ちょうどスティルウェル次官補と同時にクラーク経済次官も訪韓し、6日に李泰鎬(イ・テホ)外交部第2次官と第4回韓米高官級経済協議会(SED)を開く。 「開発・エネルギーなどの分野の新南方政策-インド太平洋戦略の連係」が主なテーマだと、外交部は明らかにした。 続き本文へ***>>> 本文:***** 続きを読む

首里城火災「謎」の動画 撮っていたのは消防職員だった

**首里城火災「謎」の動画 撮っていたのは消防職員だった **ネットの声*** 「マツコ有吉のかりそめ天国で、 マツコが死んだらマツコの遺体の側で 鑑識がスマホで一緒に自撮りするかもよと言って笑っていたが、 今の時代マジでそういう奴が出てきてもおかしくない。 と思ったね。」 「今度は署内の火消しが必要ですね」 「現職だが、火災現場の映像を撮影することは普通にあって、活動の検証や、火災調査のために活用する。 撮影するアイテムがスマホなのかカメラなのかは各所属によって違うからなんとも言えない。 ただ、SNSにアップするのはあかんやろ。守秘義務違反になる可能性もある。」 「島袋局長は、どのような経緯で動画がSNSで配信されたか現時点では不明だと説明。「データの管理体制に問題があったことを認め、今後は職人への教育を徹底していく」とした。 今後は職人への、、、、 職人って、火消し職人って事なのか、、、?」 ***記事内容*** 那覇市消防局は6日午後、緊急の会見を開き、会員制交流サイト(SNS)で火災の動画が投稿されている問題について市消防局の職員が撮影したものだと認めた。業務のために撮影したもので、少なくとも職員35人に届いたとみられる。動画は無料通信アプリLINE(ライン)で共有されていた。 島袋弘樹局長は、どのような経緯で動画がSNSで配信されたか現時点では不明だと説明。「データの管理体制に問題があったことを認め、今後は職員への教育を徹底していく」とした。  引き続き動画が配信された経緯について調査していく方針。 出典:***** https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191106-00494343-okinawat-oki 続きを読む

秘伝のたれが人気だった有名焼き鳥店、倒産に追い込んだ社長の“暴走”

**秘伝のたれが人気だった有名焼き鳥店、倒産に追い込んだ社長の“暴走” 「ひびき」、金融機関が次々融資で拡大路線行き詰まる  ひびきは1992年1月に設立。95年に第1号店となる「やきとりひびき八幡通り店」を埼玉県川越市内に出店した。以降、辛みとうまみを兼ね備えた秘伝のみそだれが人気を博し、業容は拡大していく。 代表である日疋好春社長は「全国やきとり連絡協議会」(全や連)の結成参画をはじめ、業界活動、地域活動を精力的に行うことで「ひびき」の存在感は徐々に高まっていった。 そんな「ひびき」を周囲は放っておかなかった。 金融機関は次々と融資を実行するほか、出資に応じる投資ファンドも。自慢のみそだれは、モンドセレクションなど数々の賞を受賞して注目を集め、店舗は国内だけでなく、イタリアなど海外にも進出。いつの間にか年商は20億円を超えていた。  成長著しい優良企業に見えた「ひびき」だが、急拡大を理由に有利子負債は増え続け、借り入れ過多は明らかな状態だった。だが投資が止まることはなく、従前は年間1店舗であった出店ペースは、13年頃より年間4店舗に。 さらに今度はM&A(合併・買収)に動き出し、18年から19年にかけて二つの会社を買収するなど、その“前のめり”な姿勢が変わることはなかった。  だが、この話には裏がある。なぜ、この借り入れ過多の会社がここまで投資を続けられたのか。そこには不正会計があった。 10年ほど前から粉飾決算に手を染め、金融機関との関係を維持。さらに複雑かつ大規模な多重リースを犯し、不正な資金調達を行っていたことが経営破綻を機に明らかとなったのだ。  積極的な投資活動に果敢な代表の行動力。その存在感の高さからメディア露出も目立っていた「ひびき」。こうした背景が関係者の目を曇らせてしまったのか。 不正会計を見抜けず、会社の暴走を許してしまった典型的な倒産事例といえる。突然の民事再生法申請に、驚きと怒りを覚える債権者は多かったという。 >>> 出典:***** https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191106-00010000-newswitch-ind 続きを読む